Windows10 スクリーンショットのファイル形式を変更する方法


Windows10標準機能の[Print Screen]キーからスクリーンショットした画像のファイル形式の変え方を紹介します。Windows10の標準アプリケーションから、JPG/PNG/GIF/BMPの各形式へ変えることができるようになっています。


写真やその他の画像も対応していますので、ぜひ参考にしてみてください。


それでは、みていきましょう。



スクリーンショットのファイル形式を変える【Windows10】


Windows10に標準搭載されている「ペイント」「ペイント3D」からスクリーンショットのファイルをJPG/PNG/GIF/BMPの各形式へ変えてみますが、実際にはオリジナルと新しく作成した2つのファイルが存在していることになります。


①「ペイント」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューのアプリ一覧にある「Windows アクセサリ」から「ペイント」の順番に進みます。



「ペイント」が開いたら、左上の「ファイル」タブをクリックします。



メニューが出てきたら「開く」を選択します。



ファイルの形式を変更させたい画像を選んで「開く」をクリックします。



「ペイント」のアプリに表示されます。



「ファイル」タブからメニューを開けます。「名前を付けて保存」から好みの形式を選択します。



保管する場所が決まったら「保存」ボタンを選択します。これでスクリーンショットを形式変更する操作は終了になります。保管場所から確認してみてください。



➁「ペイント3D」


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。アプリ一覧にある「ペイント3D」をクリックします。



「ペイント3D」が開いたら、左上にある「メニュー」をクリックします。



「開く」から「ファイルの参照」の順番に進みます。



ファイルの形式を変更させたい画像を選んで「開く」を選択します。



「ペイント3D」のアプリに表示されます。



「メニュー」をクリックして、「名前を付けて保存」から「画像」の順番に選択します。



「ファイルの種類」から好みの形式を選びます。



「保存」ボタンを押したら、スクリーンショットを形式変更する操作は終了になります。保管場所から確認してみてください。



スクリーンショットができるフリーソフトの紹介【Windows10】


自動保存機能や連続撮影が可能だったり便利な機能が満載のフリーソフトを紹介します。ぜひ参考にどうぞ。


1.パソコンに常駐するソフト。細かい設定をすることが可能。
≫「Capt!」

2.シンプルなインターフェースで使いやすいソフト。
≫「Clip Saver」

3.多機能で便利なソフト。これひとつでスクリーンショットは安心です。
≫「KIOKU」

4.インターフェースが非常に見やすいため、直感的に使用できるようになっています。
≫「きゃぷつれ」

5.他にはない機能が搭載されているめずらしいソフト。
≫「クリックキャプチャー」

6.一時的に保管している複数の画像から選択してファイル保存ができます。
≫「Scrtock Capture Stocker」



Windows10でスクリーンショットの撮り方


Windows10で標準のスクリーンショットを撮る操作方法を紹介しています。

≫Windows10 スクリーンショットでパソコンの画面を撮る方法



タイトルとURLをコピーしました