Windows10 HDDのデフラグを行う方法【HDDの最適化・高速化】



「Windows10の起動が以前より長く感じる」「ファイルの読み込み速度が遅くなった」といったパソコンのパフォーマンスを改善する方法の紹介になります。Windows10に標準搭載されているデフラグの機能によってHDDのパフォーマンスを最適化させることができます。


本記事では、HDDの断片化(フラグメンテーション)を解消するデフラグの実行方法を紹介します。別途アプリのインストールは不要なため、お気軽に利用できるおすすめ機能です。


それでは、みていきましょう。



Windows10に搭載されているHDDのデフラグ機能とは?


デフラグとは断片化されたデータの整理機能。長い期間、HDDを使用しているとデータファイルがバラバラに散らばります。データファイルを探し出してファイル化するまでの過程が必要になるため、時間を短縮させることを目的とした機能のこと。


Windows10の起動時間やファイルへの読み込み速度が短くなり、結果的にパソコンのパフォーマンス向上が期待できます。


HDDのデフラグを行うための2つの手順【Windows10】


Windows10からHDDのデフラグが実行できるための2つの方法を紹介します。

  1. 手動で行うための手順
  2. 自動で行うための手順【スケジュールの設定】


①手動で行うための手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックして、スタートメニューを表示させます。



メニュー画面から「エクスプローラー」を選択します。



「エクスプローラー」が表示したら、左側の一覧から「PC」を選んで「ローカルディスク」を右クリックします。右クリックメニューから「プロパティ」を選択。



「プロパティ」のウインドウが出てきたら、「ツール」タブを選択。「ドライブの最適化とデフラグ」欄から「最適化」をクリックします。



「ドライブの最適化」が表示されるので、「最適化」のボタンからHDDのデフラグが始まります。

「スタート」ボタン→「Windows管理ツール」→「ドライブのデフラグと最適化」の順番にクリックしても「ドライブの最適化」の表示は可能です。



デフラグの作業中は、「前回の分析または最適化」に実行中と表示されています。HDDの容量やデータの分散状況によって作業時間は異なります。



作業が終了したら、最新の分析日が記載されます。



➁自動で行うための手順【スケジュールの設定】


「ドライブの最適化」の画面まで表示させます。「スケジュールされた最適化」欄にある「設定の変更」をクリックします。



スケジュール画面が開きます。



「頻度」ではデフラグを行う日の設定ができます。「毎日」「毎週」「毎月」から選択が可能になっています。



「ドライブ」では、最適化したいHDDを選択します。



自動デフラグの設定を行うために、「スケジュールに従って実行する(推奨)」に「✓」マークを付けます。「OK」ボタンで完了です。

自動設定の解除は、「✓」マークを外します。



HDDやSSDの不要ファイルを自動削除できるストレージセンサー機能との相性は抜群です。合わせて設定すると効果が上昇します。参考にどうぞ。

≫Windows10 ディスクのクリーンアップを自動で実行【ストレージセンサー】



SSDのデフラグは意味がない?


SSDのフラグは必要ないと考えられています。以下に、推奨されていない2つの理由を紹介します。

  • SSDの基本性能が速いため、大きな違いを感じない
  • SSDには書き換え回数に制限があるため、製品の寿命を縮める可能性がある


Windows10ではSSDでデータの書き換えを効率よく短時間で行ったり、各セルの使用率を均一化させて寿命を延ばしたりする「Trim(トリム)」というコマンドが実行されています。デフラグが推奨されなくなった一番の理由になります。


各メーカーPCの中には自動デフラグが有効に設定されていることがあります。SSD搭載パソコンには必要ないため、【簡単】Windows10でSSDの自動デフラグを無効にして寿命を延ばす方法から無効に変更することが可能になっています。


HDDのデフラグ前にディスクのクリーンアップ実行【Windows10】


Windows10ではHDDのデフラグを手動で行う前に、「ディスクのクリーンアップ」を先に実行することを勧めます。不要ファイルを減らす効果と同時に、デフラグ後のデータ配列が最善の順番になることが期待できるようになります。


HDDでディスクのクリーンアップを使う方法は、Windows10 ディスクのクリーンアップの実行方法【HDD・SSD内の削除】で詳しく説明しているので参考にしてください。



タイトルとURLをコピーしました