Windows10 ディスクのクリーンアップの実行方法【HDD・SSDの不要データ削除】


パソコンを使っていると多くの不要データがWindows10に蓄積されていきます。HDDやSSDのストレージ領域が不要データで圧迫されて、パソコンのパフォーマンス低下に繋がる原因となります。


本記事ではパソコンのHDDやSSDに蓄積された不要データを消去してくれるクリーンアップ機能について紹介します。アプリケーションの別途インストールは不要で、Windows10に標準搭載されている機能から実行することが可能です。


「HDDやSSDの空き領域を増やしたい」「Windows10パソコンのパフォーマンス改善したい」と悩んでいる場合は、ぜひ一度は試して欲しい内容となっています。


それでは、みていきましょう。



「ディスクのクリーンアップ」と「システムファイルのクリーンアップ」


ディスクのクリーンアップとは、各ユーザーアカウントごとに関連している不要データを対象に消去を行っていきます。


システムファイルのクリーンアップとは、パソコン上にある全てのユーザーアカウントの不要データを対象としていることに加えて、Windows10のシステムファイルも消去対象に指定できます。



Windows10のクリーンアップ機能の使い方


ここからは、Windows10でクリーンアップ機能を実行させる手順を説明していきます。


①ディスクのクリーンアップ


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックします。



スタートメニューが開くので、「エクスプローラー」をクリックします。



「エクスプローラー」の画面が表示したら、左側のメニューから「PC」をクリックします。



画面が「PC」に切り替わって、OSが入っているドライブCを右クリックします。



ショートカットメニューが出てくるので、「プロパティ」をクリックします。



「プロパティ」のウインドウが開いたら、「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。



下記のようなウインドウ画面が出たら、削除したい不要データを選びます。「✓」マークの付いている項目が削除されるようになります。マウスで項目の選択時、下側にある説明欄に詳細が表示されます。参考にしながら項目を決めてください。

下図では「ダウンロードされたプログラム」が青くマーカーされています。説明欄には「特定のページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされる、ActiveX コントロールや Java アプレットです。これらは、ハードディスクの[Downloaded Program Files]フォルダーに一時的に保存されます。」と説明されていることが分かります。



削除されたデータは、復元することができないため慎重に項目を選びましょう。仮に「ごみ箱」を指定したい場合、一度は中身を確認してから「✓」マークを付けることをおすすめします。項目を選び終えたら「OK」ボタンをクリックして、次に進みます。



確認のためのメッセージが表示されますが、「削除」をクリックします。



Windows10で不要データを削除しています。最後に画面を閉じて終了です。



以上で、操作は完了になります。


スケジュールを組んでディスクのクリーンアップを自動で実行させる方法があります。下記記事からWindows10のストレージセンサーについて紹介しています。

≫Windows10 ディスクのクリーンアップを自動で実行【ストレージセンサー】

②システムファイルのクリーンアップ


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「PC」→「Cドライブ」を右クリック→「プロパティ」→「ディスクのクリーンアップ」の順番にクリックします。


「ディスククリーンアップ」のウインドウが開いたら、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。



HDD・SSDをスキャンしている最中のウインドウが表示されます。



いくつかの項目が追加されています。Windows10のシステムファイルを含めてクリーンアップ機能を実行することが可能になります。



クリーンアップ機能の各項目について【Windows10】


各項目について説明します。削除の推奨についても紹介いるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • Windows Updateのクリーンアップ
  • ダウンロードされたプログラム
  • インターネット一時ファイル
  • Windowsエラー報告とフィードバックの診断
  • DirectXシェーダーキャッシュ
  • 配信の最適化
  • デバイスドライバーパッケージ
  • 言語リソース
  • ごみ箱
  • 一時ファイル
  • 縮小表示


「インターネット一時ファイル」「ごみ箱」「一時ファイル」の3つの項目は、優先的に「✓」マークを付けてもOKです。基本的には不要データであるため削除しても、Windows10のシステム上で大きな問題は起こりません。


「Windows Updateのクリーンアップ」とは、今まで更新され続けてきたプログラムが蓄積されています。過去の状態に戻すための回復作業が実行できなくなるため削除の推奨はしていません。


「ダウンロードされたプログラム」については、自分でダウンロードしたプログラムです。影響ない場合は「✓」マークを付けても大丈夫です。


「Windowsエラー報告とフィードバックの診断」は、ユーザーが使用することはありませんので削除しても大丈夫です。容量が小さいため、気にならなければ放置していてもいいでしょう。


「DirectXシェーダーキャッシュ」とは、動画やゲームなどでグラフィック描写によって作成されます。削除しても再び作成可能なので状況に応じて判断しましょう。


「配信の最適化ファイル」は、Windows Updateを迅速化するためのキャッシュになります。HDD・SSDに占めるディスク領域が大きいため判断に迷ってしまいますが、ストレージ容量に十分なスペースが残っている場合は、無理に削除しなくてもOKです。


「デバイスドライバーパッケージ」には、古いバージョンのドライバーが保存されています。全てのデバイスが正常に動作しているのであれば、「✓」マークを付けていても問題ないです。


「言語リソースファイル」では、キーボードや音声入力などの使用されていない言語リソースが対象になります。削除しても問題なしです。


「縮小表示」とは、フォルダーを開けるときにサムネイルが素早く表示されるために使用されます。改めて作成することが可能なので、必要に応じて削除します。



【まとめ】Windows10のクリーンアップ機能について


Windows10のクリーンアップ機能を活用することで、パソコンのパフォーマンス改善が期待できることを紹介しました。 HDDを搭載している場合はデフラグと相性が良いため、Windows10 HDDのデフラグを行う方法【HDDの最適化・高速化】で、さらなるパフォーマンスアップが期待できます。


HDD・SSDへの負担が大きいため、1ヶ月~2ヶ月の周期でクリーンアップは実行することをおすすめします。


因みに、Windows10でHDDかSSDのどちらがパソコンに搭載されているか確認したい場合は、Windows10 HDDかSSDか確認する方法【ストレージの種類を参考にしてみてください。



自動でクリーンアップする方法の紹介【Windows10】


HDDやSSDのストレージ領域が不足すると、自動的にクリーンアップが実行されるストレージセンサーとい機能があります。常にベストなパフォーマンスを維持したい場合には最適です。Windows10に標準搭載さえているストレージセンサーは、下記記事から紹介しています。

≫Windows10 ディスクのクリーンアップを自動で実行【ストレージセンサー】





タイトルとURLをコピーしました