Windows10 ディスクのクリーンアップを実行する方法


パソコンを使い続けていると、不要ファイルやデータがWindows10に蓄積されてきます。HDDやSSDなどのストレージが圧迫されることによって、パソコンのパフォーマンスが低下して動作が重たくなる原因となります。


今回、紹介するクリーンアップの機能とは、パソコンに保存されているデータを一掃してくれる機能を持っています。特別なアプリをインストールしなくても、Windows10の標準機能から使用が可能です。


「HDDやSSDの空き領域を増やしたい」「パソコンのパフォーマンスを向上させたい」などの時に、ぜひ試して欲しい内容となっています。それでは、みていきましょう。



Windows10のクリーンアップ機能の使い方


Windows10でパソコン内をクリーニングするための2つの方法を説明します。どちらもWindows10の標準機能から使用ができます。


ディスクのクリーンアップ


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリックします。



スタートメニューが開くので、「エクスプローラー」をクリックします。



「エクスプローラー」が表示したら、画面の左側にある「PC」をクリックします。



画面が「PC」に切り替わります。OSが入っているドライブCを右クリックします。



ショートカットメニューから「プロパティ」をクリックします。



「プロパティ」のウインドウが開きます。画面の右下にある「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。



「ディスククリーンアップ」のウインドウが出てきたら、削除したい不要ファイルやデータを選びます。クリーンアップ実行時に、「✓」マークの付いている項目が削除されます。マウスで項目を選択したら、下側にある説明欄に詳細が表示されます。参考にしながら項目を決めてください。

下図では、「ダウンロードされたプログラムファイル」が青くマーカーされています。説明欄には、「特定のページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされる、ActiveX コントロールや Java アプレットです。これらは、ハードディスクの[Downloaded Program Files]フォルダーに一時的に保存されます。」と説明されています。



ディスクのクリーンアップで削除されたファイルやデータは、復元することができないので慎重に項目を選びましょう。仮に、「ゴミ箱」を削除したい場合でも中身は確認してから「✓」マークを付けます。項目を選び終えたら、「OK」ボタンをクリックして次に進みましょう。



確認のメッセージが表示されます。「ファイルの削除」をクリックすると、ディスクのクリーンアップが開始されます。



Windows10のパソコンをクリーニングしています。この画面が閉っまたら、ディスクのクリーンアップは完了です。



システムファイルのクリーンアップ


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「PC」→「Cドライブ」を右クリック→「プロパティ」→「ディスクのクリーンアップ」の順番にクリックして、「ディスクのクリーンアップ」のウインドウまで開きましょう。


「ディスククリーンアップ」のウインドウを開けることができたら、画面の下側にある「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。



HDD・SSDをスキャンしている最中になります。



システムファイルの項目が追加されています。不要ファイルやデータに「✓」マークを付けます。最後に「OK」ボタンをクリックすると、Windows10システム内のクリーニングが開始されます。



Windows10のクリーンアップ機能のまとめ


Windows10のクリーンアップ機能を活用することでパソコンのパフォーマンス向上が期待できます。頻繁に使用し続けるとHDDやSSDの負担になって寿命が短くなるので、1ヶ月~2ヶ月の周期でクリーニングは行ってください。HDDやSSDの空き領域の確保時も同様です。


Windows10ディスクのクリーンアップから復元ポイントを削除する方法を紹介しています。ぜひ合わせてご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました