「メモ帳」と「ワードパッド」テキストエディターの違いとは【Windows10】


Windowsのパソコンに搭載されている「メモ帳」と「ワードパッド」の違いについて簡単に説明しています。


このような人におすすめ。

  • なぜ、2種類のテキストエディターが搭載されているのか知りたい方。
  • 「メモ帳」と「ワードパッド」の違いについて知りたい方。


それでは、みていきましょう。



「メモ帳」とは


「メモ帳」は、フォント変更や拡大・縮小などの最小限の機能のみが搭載されたテキストエディターになります。


非力なパソコンでも軽快に動くので、お手軽に利用できる特徴があります。単語や文章の作成のみに向いていて、初心者には使いやすくなっています。


「メモ帳」アプリの機能をフルに使ってみたい方は、「Windows10 「メモ帳」アプリの使い方【全機能を紹介】」で紹介していますので、この機会にぜひご覧ください。



「ワードパッド」とは


「ワードパッド」とは、マイクロソフトから提供されている有料ソフトの「Microsoft Word」に制限が付けられたテキストエディター。


罫線を示せたり、フォントの色を変更したり、文字を装飾することが「Microsoft Word」と同様にできます。写真や図形などの挿入も可能なので、シンプルな構成のチラシだったら作成できる機能が付いています。


「ワードパッド」の起動方法を知りたい方は、「Windows10 ワードパッドの起動方法【文章作成ソフト】」で説明していますので、ぜひご覧ください。



「メモ帳」と「ワードパッド」の違いについて


ここからは、Windowsに標準搭載している「メモ帳」と「ワードパッド」の違いについて深く掘り下げていきます。


「メモ帳」と「ワードパッド」には、2つの異なる特徴があります。

  1. 画像の挿入や文字の装飾
  2. ファイル保存時のデータ形式


画像の挿入や文字の装飾


すでに上述していますが、画像や図形などを挿入したり、文字に色をつけて装飾したりする場合は「ワードパッド」を用いることになります。


テキスト保存時のファイル形式


ファイル形式については、ワードパッドが「rtf形式」、メモ帳が「txt形式」でデフォルトで設定されています。


ワードパッドの拡張子「rtf形式」は、Mac OSで開けられない場合があるので、テキスト保存時に「ファイルの種類」を「txt形式」に設定してあげます。「txt形式」は、Mac OSに対応しているので互換性はあります。



おすすめ関連記事


「メモ帳」アプリを目に優しくするための設定方法です。黒色は目の疲れを軽減してくれますので、参考までにどうぞ。

≫「Black Note Pad」のメモ帳をWindows10にインストールしてみよう



タイトルとURLをコピーしました