メモ帳とワードパッドの違いとは?【Windows10】


Windows10に標準搭載されているテキストエディターは「メモ帳」と「ワードパッド」の2種類ありますが、なぜ2種類のテキストエディターが標準ソフトとして組み込まれているのでしょうか?その違いは?本記事ではメモ帳とワードパッドの違いを詳しく紹介していきます。


それでは、みていきましょう。



メモ帳とは


フォント変更や拡大・縮小などの基本的な機能のみが搭載されたテキストエディター。最小限のシステムで構成されているため、単語や文章のみ編集することができます。非力なパソコンでも軽快に動くので、お手軽に利用できる特徴があります。全ての使い方を網羅的に紹介していますので、この機会に「メモ帳」を使いこなしてみてください。

≫Windows10 メモ帳を起動させるための方法と使い方


ワードパッドとは


文章作成できる機能に加えて、写真や図形などが挿入することが可能なテキストエディター。文字の色や大きさの変更が可能であることも特徴のひとつになります。メモ帳との違いは機能が充実しているため幅広く活用できます。ワードパッドの起動方法について紹介していますので、ぜひご覧ください。

≫Windows10 ワードパッドを起動させる方法


メモ帳とワードパッドの違い



ここからは、本題である2つの文章作成ソフトの違いについて説明していきます。メモ帳は文字を装飾するための機能などがないので非常にシンプルですが、ワードパッドは文字に装飾して編集が可能なうえ、画像などを挿入することができる違いがあります。


ワードパッドのデフォルトで保存される.rtf拡張子はMacで開けることができない場合があります。その際は、ファイルの保存時に「ファイルの種類」を「テキスト ドキュメント」にすることで拡張子が.txtになりMacでも開けられるようになります。一方のメモ帳は.txt拡張子でデフォルト保存されるためMacとの互換性があり、特別な設定を行わないで開けることができます。


メモ帳とワードパッドの使い分け【Windows10】



メモの代わりに、ただ単語や文章を打ち込むだけならメモ帳で十分です。簡易文章の下書きやリストの作成など。


ちょっとした報告書やチラシ(広告)の作成時にはワードパッドが役に立ちます。本格的な報告書やチラシの作成は、マイクロソフトから提供されているWordの利用がおススメです。ワードプレスはWordの廉価版になるので機能に制限の違いがあるためになります。



タイトルとURLをコピーしました