Windows10 タスクバーのボタンを結合しない【ラベルの表示】


通常のWindows10はタスクバーのボタンが結合されている状態になっていて、限られたスペースの中でたくさんのアプリを表示させることができます。



本記事では各アプリのボタンを結合しないでラベルを表示させる方法を紹介します。各種設定から変更が可能で瞬時に、アクティブ状態のアプリを認識・確認することができます。

馴染みのあったWindows7はボタンを結合していない状態になります。
n



それぞれにメリットやデメリットの特徴があるため、自分に合うボタンの表示方法を選んでみてください。


それでは、みていきましょう。


タスクバーのボタンを結合しないための手順


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上にのせて「設定」をクリックします。



このような画面が出てきたら、「個人設定」を選択します。



下記画面が開いたら左側のメニューから「タスクバー」をクリックして、右側を下方向にスクロールします。

タスクバーの何もないところで右クリックして、メニューから「タスクバーの設定」を選んでも同じ画面が開きます。



「タスクバーボタンを結合する」のボックスから「結合しない」を選択します。

元の状態に戻したい場合は、「常に結合、ラベルを非表示」を選択します。



Windows10 タスクバーの位置の変更


位置や場所を変更・移動させることができるので手順の紹介です。「上」「下」「左」「右」から好みの場所を選ぶことができます。



Windows10 タスクバーの大きさを変える


サイズ(幅)を変えるための手順の紹介になり、大きくしたり小さくしたり設定することができます。下記からご覧ください。



【さいごに】Windows10 タスクバーの使い方【カスタマイズと設定】


一般的によく利用されている機能をピックアップした紹介になります。参考にご覧になってみてください。



タイトルとURLをコピーしました