Microsoftの検証済みアプリでない時にインストールする対処法


入手元が分からないソフトウェアをWindows10にインストールする場合、「Microsoft 検証済みアプリではありません」のメッセージが表示されます。


このままだと、パソコンに導入できないので対処方法を紹介します。


本記事では、ひとつ変更を加えるだけの簡単な操作手順を紹介しています。


それでは、Microsoftの検証済みアプリについてみていきましょう。



Microsoft 検証済みアプリでない場合の解決法


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンをクリックします。
メニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上に移動して「設定」を選択。



「Windowsの設定」が開いたら、「アプリ」をクリックします。
「スタート」ボタンを右クリックして「アプリと機能」をクリックしても同様のページが開きます。



設定画面が表示されます。左側のメニューから「アプリと機能」を選んだ後に、右側から「Microsoft Sore のみ(推奨)」をクリック。



複数の項目から「場所を選ばない」を選びます。「x」ボタンから画面を閉じて操作は終了になります。以後、いつでも導入可能になっています。

「場所を選ばない」に変更したら、Microsoftの検証済みアプリ以外でもインストールが可能になります。ソフトウェアの導入後、「Microsoft Sore のみ(推奨)」に戻してセキュリティ対策を行っておきましょう。



以上で、「Microsoft 検証済みアプリではありません」とメッセージが表示した時の対処法でした。



Microsoftの検証済みではないアプリの紹介【Windows10】


ウイルスソフトのアバストは、Microsoftの検証済みアプリではありません。下記記事から導入する方法を紹介しているので、何かの参考にしてみてください。

≫アバスト無料アンチウイルスをインストールする方法



タイトルとURLをコピーしました