復元ソフト「Recuva」の導入方法と簡単な使い方


既に削除していたり、誤ってゴミ箱から削除したファイルやデータなどを復元・復旧させるための方法を紹介します。「Recuva」という無料ソフト(アプリ)を使用して復元することが可能で、内臓HDDや外付けのUSBドライブなどの外付けメディアから、お手軽にソフト(アプリ)の実行ができます。


音楽(ミュージック)、テキストドキュメント、写真(ピクチャー)など全てのデータが復元可能ですが、アンインストールしたアプリなどは元に戻すことができないので注意が必要です。尚、削除された全てのデータの復元が可能ではありません。削除されてから長い時間が経過している場合は、復元できる確率が低くなります。削除してから短い時間の場合は、確率が高くなります。


この記事では、Recuvaで「ダウンロードからインストールまでの方法」と「データを復元する手順」の2つの方法を紹介しています。それでは、みていきましょう。


Recuvaのダウンロードからインストールまでの方法


Recuvaの公式サイトにアクセスして、セットアップファイルをダウンロードしましょう。


ダウンロードページが表示されるので、「Free」の下側にある「Download」からダウンロードが始まります。



「Thank you for downloading Recuva」のページになります。画面の左下側にある「ファイルを開く」をクリックしたら、インストールが始まります。因みに、ダウンロードされたファイルは「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」の順番に進んだら、「rcsetup〇〇〇.exe」があります。右クリックから「管理者として実行」を選択したらインストールが始まります。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージが表示されるので、「はい」を選択します。



インストール画面が表示されます。右上にある「English」をクリックして言語設定の変更しましょう。



一覧から「Japanese」を選択してください。



Recuvaの画面が日本語に変わります。次に、「インストール」のボタンからインストールが開始されます。



「セットアップ完了」の画面が表示されたらインストールの完了です。次に、「Recuvaの実行」のボタンから「Recuvaウィザード」を表示させましょう。
※「リリースノートを参照」に✓マークが付いている場合に、「Recuvaの実行」をクリックしたら一緒にWebページが開きます。✓マークを消しておくことをオススメします。



Recuvaでデータを復元する手順


データを復元させるためには、「Recuva」のアイコンをクリックして起動させて「Recuvaウィザード」を表示させます。ここでは、「次へ」をクリックして簡単な設定をしていきます。



「ファイル拡張子」の画面が出てきます。ファイルの種類(拡張子)を選択してから、「次へ」をクリックします。

>>拡張子をパソコンに表示させるための方法 [Windows10]



「ファイルの格納場所」の画面では、指定した場所から検索します。外付けのUSBメモリ、ゴミ箱、自分で検索kの場所を指定することも可能です。「ハッキリしない場合」は、PC上にある全てのファイルをスキャンするので、無難に選択することがオススメです。準備ができたら「次へ」をクリックします。



「ご使用ありがとうございます、Recuvaはスキャン準備を完了しました。」が表示されます。「詳細スキャンを有効」に✓マークを入れた場合は、精密にスキャンされるので多くの時間がかかります。通常のスキャンで発見できなかった時に使用するようにしたらいいです。「開始」をクリックするとスキャンが始まります。



スキャンの所要時間はストレージの容量によって異なります。参考までに、詳細スキャンを有効の状態で210GBのHDDをスキャンした場合は約1時間かかります。



スキャンが終わるとリザルト画面が表示されます。

  • 緑色→復元率は高い。
  • 黄色→復元率は低いけど、試してみる価値あり。
  • 赤色→復元は不可能。



リザルト画面から復元したいファイルに✓マークを付けます。準備できたら、右下にある「復元」のボタンをクリックします。



復元先のフォルダーを指定して「OK」を選択します。



削除されたファイルやデータを復元することができました。「OK」をクリックして操作は終了になります。



指定したフォルダーに復元されたデータがあるので、確認してみてください。



復元ソフトの「Recuva」を上手に使ってみよう


Recuvaには様々な機能が搭載されていますが、使用する際に覚えておきたい3つの機能がありますので紹介します。「Recuva 3つの基本的な使い方」では、基本的な使い方を説明していますので、合わせてご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました