復元ソフト「Recuva」のインストール方法と使い方


誤ってゴミ箱から削除したり、手違いで削除されたファイルやデータを復元・復旧させるための方法を紹介します。


「Recuva」という無料ソフトを使用して復元することが可能です。外付け・内臓ストレージやUSBドライブなどに対応した、お手軽のソフトウェアになっています。


本記事では、RecuvaをWindows10にインストールする方法とデータを復元する手順の2つを紹介しています。


それでは、みていきましょう。



Recuvaをインストールする手順【Windows10】


下記アドレスににアクセスして、セットアップファイルをダウンロードしましょう。

≫Recuvaの公式サイト


公式サイトに移動したら、「Free」欄の下端にある「Download」からダウンロードできます。



下記のページが表示されたらダウンロード完了です。「ファイルを開く」をクリックして、インストールを実行します。

ダウンロードファイルは「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」に進んだ場所に「rcsetup〇〇〇.exe」が保存されています。右クリックして「管理者として実行」を選択しても、同様にインストールが実行されます。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージが表示されるので「はい」を選択します。



セットアップ画面が表示されます。右上にある「English」をクリックして言語設定の変更しましょう。



一覧から「Japanese」を選択してください。



セットアップ画面が日本語に変わったことを確認しましょう。「インストール」のボタンからインストールが開始されます。



「セットアップ完了」が表示されたら、インストールは完了になります。
次に、「Recuvaの実行」のボタンから「Recuvaウィザード」を表示させましょう。

「リリースノートを参照」に✓マークを付けて「Recuvaの実行」をクリックしたら、Webページが一緒に開きます。✓マークを消しておくことをオススメします。



以上で、Recuvaのインストール手順は終了になります。



Recuvaでデータを復元する手順【使い方】


データを復元させるために、「Recuva」を起動させます。「Recuvaウィザード」が表示したら、「次へ」をクリックします。



拡張子の選択画面が表示されます。ファイルの拡張子(種類)を選択してから、「次へ」をクリックします。

拡張子については、ファイルの拡張子を表示させる方法【Windows10】にて説明しています。参考までにご覧になってください。



格納場所の画面では、USBドライブやゴミ箱など指定した場所から検索できます。
自分で好みの検索場所の指定も可能になっています。
「ハッキリしない場合」は、PC上にある全てのファイルがスキャンされるので、こちらは無難な選択としておすすめ。準備できたら「次へ」をクリックします。



下記画面が表示したら、「開始」をクリックしてスキャンを実行させることができます。

「詳細スキャンを有効」とは、精密にスキャンしたい場合に✓マークを付けます。長時間のスキャンになるため、通常のスキャンで発見できなかったら使用しましょう。



スキャンの所要時間はストレージ容量によって異なります。

参考までに、210GBのHDDを詳細スキャンが有効にされた状態で実行したら1時間後に完了しました。



スキャンが終了したらリザルト画面が表示されます。

  • 緑色→復元率は高い。
  • 黄色→復元率は低いけど、試してみる価値あり。
  • 赤色→復元はほぼ不可能。



復元したいファイルやデータに✓マークを付けます。画面右下にある「復元」のボタンをクリック。



下記画面では、復元先のフォルダーを指定して「OK」を選択します。



該当するファイルやデータの復元はできました。「OK」をクリックします。



指定したフォルダーに復元されたデータが保管されているか確認してみてください。



以上が、Recuvaでファイルの復元手順になります。


音楽(ミュージック)、テキストドキュメント、写真(ピクチャー)など全てのデータが復元可能ですが、アンインストールしたアプリなどは元に戻すことができないので注意が必要です。尚、削除された全てのデータの復元が可能ではありません。削除されてから長い時間が経過している場合は、復元できる確率が低くなります。削除してから短い時間は、確率が高くなっています。



復元ソフトの「Recuva」を上手に使ってみよう


Recuvaには様々な機能が搭載されていますが、使用する際に覚えておきたい3つの機能がありますので紹介します。


下記記事では基本的な使い方を説明しています。合わせてご覧になってください。


≫Recuvaの使い方【3つの基本的な機能】



タイトルとURLをコピーしました