Windows10 パスワードの省略できないときの対処法【サインインの省略できない】


Windows10サインイン時のパスワードを省略するためには、「ユーザーアカウント」画面から設定を行います。


「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックボックスにある「✓」マークを外して設定は完了になります。


時々、チェックボックスが表示されてない場合があります。「✓」マークのクリックができないためパスワードの省略(サインインの省略)ができません。



そこで今回は、レジストリを変更してチェックボックスを表示させる方法を紹介します。


レジストリの変更とは、システムのデータベースを変えることです。設定を間違えるとパソコンが正常に起動しなくなる可能性があるため、レジストリの変更には慎重な操作が必要になります。


システムの復元ポイントを手動で作成する方法【Windows10】で復元ポイントを作成して、万が一のため備えることをオススメします。


それでは、みていきましょう。



パスワードの省略できないときの対処法【Windows10】


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックしてメニューを開けます。



メニューが開いたら「ファイル名を検索して実行」を選択します。



「ファイル名を推定して実行」のウインドウが表示されます。ボックス内に「regedit」と入力してから「OK」のボタンをクリックします。



下記のメッセージ画面が表示されたら、「はい」を選択します。



「レジストリエディター」の画面が開きます。レジストリキーの「>」のアイコンを順番にクリックして展開していきます。

「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows NT」→「CurrentVersion」→「PasswordLess」→「Device」の順番で進んでいきます。



「Device」まで展開したら、画面右側の「DeVicePasswordLessBuildVersion」を右クリックします。



右クリックメニューが出たら「修正」をクリックします。



「DWORD値の編集」が表示したら、「値のデータ」を2から0に変更して「OK」をクリックします。「レジストリエディター」の画面も閉じてWindows10を再起動します。



Windows10のタスクバー左側にある「🔎ここに入力して検索」のボックスに、「netplwiz」と入力してから「ユーザーアカウント」を開けます。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックボックスが表示されています。



以上で、パスワードの省略(サインインの省略)ができないときの対処法は終わりです。


パスワードを省略(サインインの省略)する手順は、Windows10 自動ログインの設定と解除する方法で紹介しています。



Windows10のパスワードを削除


レジストリの変更を行ってパスワードを省略する場合は、リスクがあって不安だと感じている方にオススメの方法を紹介します。


ユーザーアカウントに登録しているパスワードを削除したら、ログイン画面が省略される方法です。設定画面から安全に削除できる簡単手順になっています。

≫Windows10でユーザーアカウントのパスワードを削除する方法



タイトルとURLをコピーしました