Windows10 パスワードの省略できないときの対処法【自動ログインできない】


パスワードを省略するためには、「netplwiz」を入力して「ユーザーアカウント」のウインドウ画面を開けて行います。「ユーザーアカウント」のウインドウ内に、普段は表示されている「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目ボックスがない時があります。その様な場合はWindows10の自動ログインやパスワードの省略ができないので、対処方法を紹介していきます。



必要な項目を表示させるためにはレジストキーの変更を行わなければなりません。最悪の場合、Windows10が起動できない状態になることがあるので、ここで説明している手順は自己責任で行ってください。万が一のために、レジストキーの変更を行う際はシステムの復元ポイントを作成などの対策を行うことをオススメしています。


それでは、みていきましょう。


パスワード省略の設定ができないときの対処法


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンを右クリックして、メニューを開けます。



メニューが出てきたら「ファイル名を検索して実行」をクリックします。



「ファイル名を推定して実行」のウインドウにある検索ボックスに、英数字半角で「regedit」とキーボードでタイプしてから「OK」のボタンをクリックします。



「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが表示されたら、「はい」を選択します。



「レジストリエディター」の画面が開きます。ここからは、レジストリキーの「>」のアイコンを順番にクリックして展開していきます。

「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows NT」→「CurrentVersion」→「PasswordLess」→「Device」の順番で進んでいきます。



「Device」まで展開したら、画面の右側にある「DeVicePasswordLessBuildVersion」を右クリックします。



メニューが開いたら、「修正」をクリックします。



「編集」のウインドウが表示されます。「値のデータ」を2から0に変更したら「OK」のボタンをクリックします。「レジストリエディター」の画面を閉じたらパソコンを再起動します。



Windows10デスクトップの左下にある「🔎ここに入力して検索」のボックスに、英数字半角で「netplwiz」と打ち込んでから「ユーザーアカウント」のウインドウを開けます。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目ボックスが表示されているので、パスワードを省略(自動ログイン)するための設定ができるようになりました。

パスワードを省略するための方法は、「Windows10 パスワードの入力を省略する方法 【自動ログイン】」で紹介いているので、ぜひご覧になってください。



ここまで、Windows10でパスワードの省略できない(自動ログインできない)時の対処法を紹介してきましたが、関連記事も合わせてご覧ください。

>>Windows10 アカウントのパスワードを変更する方法



タイトルとURLをコピーしました