Windows10 パスワードの省略できないときの対処法【サインインの省略できない】


Windows10でサインイン画面のパスワードを省略するためには、検索ボックスから「ユーザーアカウント」を開けて設定を行います。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目にある「✓」マークを外して次の設定画面に進んでいきます。


普段では表示されているはずの項目が出ていない時があり、パスワードの省略できない(サインインの省略できない)場合があります。本記事ではサインイン画面を省略できないときの対処方法を紹介します。



Windows10のレジストリを変えて項目を表示させます。システムのデータベースを変えることになるので、パソコンが起動できなくなることがあります。システムの復元ポイントを作成して、万が一のための対策を行うことをオススメしますが、レジストリ変更は自己責任で行うようにしてください。


復元ポイントの作成手順は、システムの復元ポイントを手動で作成する方法【Windows10】をご覧になってください。


それでは、みていきましょう。


パスワードの省略できないときの対処法【Windows10】


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックしてメニューを開けます。



メニューが開いたら「ファイル名を検索して実行」を選択します。



「ファイル名を推定して実行」のウインドウが表示されます。ボックス内に「regedit」と入力してから「OK」のボタンをクリックします。



「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが表示されるので、「はい」を選択します。



「レジストリエディター」の画面が開きます。レジストリキーの「>」のアイコンを順番にクリックして展開していきます。

「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows NT」→「CurrentVersion」→「PasswordLess」→「Device」の順番で進んでいきます。



「Device」まで展開したら、画面右側の「DeVicePasswordLessBuildVersion」を右クリックします。



右クリックメニューが出たら「修正」をクリックします。



「DWORD値の編集」が表示されます。「値のデータ」を2から0に変更して「OK」をクリックします。「レジストリエディター」の画面も閉じてWindows10を再起動します。



Windows10のタスクバー左側にある「🔎ここに入力して検索」のボックスに、「netplwiz」と入力してから「ユーザーアカウント」を開けます。「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」の項目が表示されているので、パスワードの省略できない(サインインの省略できない)場合は、この対処法を試してみてください。

パスワードを省略するための方法は、「Windows10 パスワードの入力を省略する方法 【自動ログイン】」で紹介いているので、ぜひご覧になってください。



【おまけ】パスワードを変える方法の紹介


Windows10でパスワードの省略できない(サインインの省略できない)時の対処法を紹介してきましたが、パスワードの変え方について紹介します。下記記事から手順の説明を行ってます。


≫Windows10 PC起動時のパスワード変更



タイトルとURLをコピーしました