Windows10 ブルーライトの量を設定(調整)する方法【夜間モード】


PCモニターから出ているブルーライトの光量を調整するための設定方法になります。


Windows10標準機能からの設定が可能なので、お手軽に変更できる特徴になっています。


このような方におすすめです。

  • 無料でブルーライトの量を削減したい方。
  • 毎日、仕事などでパソコンを使ってる方。
  • 目への負担を軽減したいと考えている方。


ブルーライトの浴び過ぎは、視力の低下や体内リズムを崩す影響があると言われています。本記事ではリーズナブルに対策できるので、ぜひご覧ください。


ブルーライトについては、「ブルーライトが目に与える影響と睡眠不足の危険性について【パソコンやスマホの見過ぎは危ない】」で説明していますので、こちらをご覧になってください。


それでは、みていきましょう。



ブルーライト量の調整と設定方法【Windows10】


Windows10に標準搭載されている「夜間モード」という機能を使いって、ブルーライトの量を調整します。


デスクトップ画面の何もないところで右クリック→「ディスプレイ設定」を選びます。



「夜間モード」をオンに変更します。※設定した時間内で適用されます。



細かい設定を行うためには、「夜間モードの設定」をクリックします。



「今すぐ有効にする」をクリックしたら、瞬時に夜間モードへ切り替わります。



「強さ」欄にあるスライドバー上のつまみを左右に動かして、ブルーライトの量が調整できます。



もっと下方向にスライドしたら、夜間モードのスケジュール設定ができます。



以上で、ブルーライトの光量を調整と設定する手順は終わりです。



PCモニターでブルーライトを最適な量に設定【明るさの設定】


PCモニターを最適な明るさに調節する方法です。一度設定したら、今後は何もしなくていいので楽です。

≫PCモニターを目に優しい明るさに設定しよう【輝度の基準】



ブルーライトをカットして目を保護しよう


ブルーライトは太陽光の中にも含まれていますので、普段から保護したい人向け。メガネは持ち運びができるので、家と会社の両方で使える魅力があります。

≫おしゃれなブルーライトカットメガネのおすすめ12選【普段使いでもOK】



さいごに


ここでは、Windows10の標準機能からブルーライトの量を調整する方法を紹介してきました。


目に与える負担を軽減することが目的になっているのですが、自分に合った量に設定できることがベストだと思います。


どうしても蓄積した疲れは目薬を点すことで改善できます。栄養補給にもなるので、「目薬のおすすめ9選!パソコンやスマホによる疲れ目・充血の対策に」からおすすめ紹介しています。



おすすめ関連記事


参考までに、ブルーライトの対策グッズについて紹介していますので是非ご覧ください。

≫ブルーライト対策のお手軽グッズを紹介【3つの対策】



タイトルとURLをコピーしました