Windows10を夜間モードに切り替えて常時ブルーライトカットする方法


PCモニターから出ているブルーライトの量を調節するために、夜間モードに切り替える(有効に設定)方法を紹介します。


このような方におすすめです。

  • ブルーライトの量を無料でカットしたい方。
  • 毎日、仕事などでパソコンを使っている方。
  • 目に与える負担を軽減したい方。


Windows10の標準機能から、簡単に切り替えられるのでお手軽です。


有害光線が人体に与える影響は、「ブルーライトカットして人体に与える悪影響と睡眠不足を改善」で説明していますので、是非ご覧になってください。


それでは、みていきましょう。



夜間モードを有効に設定する方法【Windows10】


Windows10標準搭載の「夜間モード」を有効にする方法になります。常時オンにしたり、時間指定したりできます。


デスクトップ画面の何もないところで右クリック → 「ディスプレイ設定」を選びます。



「夜間モード」をオンに変更します。※設定した時間内で適用されます。

夜間モードの解除はオフにします。



時間指定などを決めたい場合は、「夜間モードの設定」をクリックします。



「今すぐ有効にする」をクリックしたら、常時に夜間モードになります。



「強さ」欄にあるスライドバー上のつまみを左右に動かして、ブルーライトの量を調整します。



夜間モードのスケジュール指定も可能になっています。



以上で、夜間モードの設定手順は終わりです。



夜間モードを簡単に解除する方法


アクションセンターを開けて、簡単に解除する手順の紹介です。


タスクバー右端にあるアイコンからアクションセンターが開きますので、「夜間モードを」をクリックします。



夜間モードが解除された状態です。

再び、「夜間モード」をクリックしたら有効状態になります。



以上で、夜間モードが簡単に解除できます。



ショートカットキーを活用して夜間モードに切り替える方法


アクションセンターを瞬時に開けるためのショートカットキー

「Windows」マーク + 「A」キー


アクションセンターが開くので、「夜間モード」をクリックするだけで、瞬時に切り替えできます。


以上で、ショートカットキーから夜間モードを切り替える手順は終わりです。



さいごに


ここでは、Windows10標準機能の夜間モードを有効にする方法を紹介してきました。


夜間モードだけでは、完全に目に与える負担は無くならないので、疲れが蓄積されてきます。蓄積した疲れを取り除くためには、目の栄養補給が大切です。


疲れ目や充血を改善したい方は、「目薬のおすすめ9選!パソコンやスマホによる疲れ目・充血の対策に」から目薬を使ってみてください。



おすすめ関連記事


長時間パソコン操作している人のための疲れ目対策にどうぞ。

≫ブルーライトカットフィルムのおすすめ8選【PCモニターの色が変わらないタイプも紹介】


普段使いに便利になっているおすすめアイテムです。

≫おしゃれなブルーライトカットメガネのおすすめ12選【大人・子ども向け】



タイトルとURLをコピーしました