Windows10 タスクバーの色を変更する方法


「個人用設定」からWindows10のタスクバーを好みの色に変更する手順の紹介です。スタートメニューやアクションセンターの色もタスクバーと同じ色に変更されます。


ここではタスクバーの色を変える方法のほかにも、「タイトルバーとウインドウ枠の色を変える手順」の説明もしているので、自分オリジナルのWindows10パソコンにしてみてください。


それでは、みていきましょう。


タスクバーの色を変える手順【Windows10】


2つの手順に分けて紹介していきます。自分だけのオリジナルカラーの作成が可能になっているので、ぜひ自分だけのデザインにしてみてください。


①「スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター」


Windows10ディスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンをクリックします。



スタートメニューが開くので、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上にのせてから「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が表示されるので、「個人用設定」をクリックします。



左側にあるメニューから、「色」をクリックします。



画面の右側を下方向にスクロールして、「スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター」にあるボックスに「✓」マークを付けます。

「タイトルバーとウインドウの境界線」に「✓」マークを付ける場合はこちら(下の見出しタイトルに移ります)で解説しています。



「Windowsの色」から好みのカラーを選ぶとタスクバー、スタートメニュー、アクションセンターに反映されます。尚、「ユーザー設定の色」からはオリジナルカラーの作成ができます。



以上で、操作は完了です。変更されたことを確認してください。

初期の状態に戻す場合は、「スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター」にある「✓」マークを外します。



➁「既定のWindowsモード」と「既定のアプリモード」と「透明効果」


「個人用設定」を開けて、画面の左側にあるメニューから「色」を選びます。次に、画面の右側を下方向にスクロールして「色を選択する」が「カスタム」になっている事を確認します。または、「カスタム」に変更します。



「既定のWindowsモードを選択してください」は、タスクバー、スタートメニュー、アクションセンターを白色か黒色に変えることができます。「白」か「黒」のどちらかを選択します。



「既定のアプリモードを選択します」は、ウインドウ画面を白色か黒色に変えることができます。「白」か「黒」のどちらかを選択します。



「透明効果」はスタートメニューやタスクバーなどが半透明化される機能で、Windows10のデフォルト状態ではオンになっています。見た目はキレイなのですがパソコンには負荷の大きい処理になるため、スペックに余裕がない場合はオフにすることでパソコンの動作を軽くできるのでオススメです。

自分が所持しているパソコンのスペックを調べたい場合は、「Windows10パソコンのスペックを確認」からご覧になってください。

透明効果がオンの時

透明効果がオフの時



タイトルバーとウインドウ枠の色を変える方法【Windows10】


画面の右側を下方向にスクロールして、「タイトルバーとウインドウの境界線」のボックスに「✓」マークを付けます。



「Windowsの色」から好みのカラーを選択するだけで、タイトルバーやウインドウ枠に反映されます。また、「ユーザー設定の色」からはオリジナルカラーの作成ができます。



こんな感じにカラーが反映されます。Microsoft EdgeやInternet Explorerなどにも同じように影響します。



【Windows10】タスクバーについての様々な設定機能の紹介


Windows10のタスクバーを隠して最大限に画面の使用ができる方法を詳しく紹介しています。たくさんのウインドウを開けて作業する場合には、是非オススメなのでご覧になってください。

>>Windows10 タスクバーを自動的に隠す方法



タイトルとURLをコピーしました