Windows10 タスクバーの時計に秒を表示【秒単位の設定】


通常のWindows10では、タスクバーの通知領域にある時計の秒数が表示されていません。秒単位で詳しい情報が必要な場合や見た目の変化が欲しい場合は、本記事にてタスクバーに秒数を追加する手順について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


ここではレジストリ操作を行っていきますので、事前にバックアップを行ってから作業に取り掛かることをオススメします。それでは、みていきましょう。



タスクバーの時計に秒を表示する方法【Windows10】


「レジストリエディター」を開けるために、Windows10の「スタート」ボタンを右クリックします。



スタートメニューが表示されたら「ファイル名を指定して実行」を選択します。



テキストボックスに半角英数字で「regedit」と入力して「OK」のボタンを押します。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージ画面が出てくるので、「はい」を選択します。



このように、「レジストリエディター」が表示されます。



左側の画面から「HKEY_CURRENT_USER」→「SOFTWARE」の順番にクリックしていきます。



さらに続けて、「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」→「Advanced」の順番で進みます。

「HKEY_CURRENT_USER」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」→「Explorer」→「Advanced」



「Advanced」を右クリックして「DWORD(32ビット)値」をクリックします。



右側の画面に「新しい値#1」が追加されています。



「新しい値#1」を右クリックして「名前の変更」を選びます。



名前の変更ができるので、「ShowSecondsInSystemClock」に書き換えます。

「ShowSecondsInSystemClock」



次に、「ShowSecondsInSystemClock」を右クリックして「修正」を選択します。



「DWORD(32ビット)値の編集」のウインドウが開くので、「値のデータ」のテキストボックスに「1」の数字を入力します。「OK」のボタンをクリックしたら設定は完了になります。パソコンを再起動したらタスクバーの通知領域に秒数が追加されています。



Windows10のタスクバーにある時計の秒を非常時に戻す手順


Windows10でタスクバーにある時計の秒数を削除するための手順を紹介していきます。「レジストリエディター」の画面を開けて「ShowSecondsInSystemClock」右クリックしてから「修正」を選択します。テキストボックスに「0」の数字を入力して「OK」のボタンをクリックします。パソコンの再起動を実行した後は秒数が非表示になっています。



「レジストリエディター」から「ShowSecondsInSystemClock」を削除してもOKです。削除時に、メッセージ画面が出てきますが「はい」をクリックしてパソコンの再起動を実行します。



Windows10でタスクバーの設定とカスタマイズ


Windows10でタスクバーの設定とカスタマイズ方法を紹介します。こちらからご覧ください。

≫Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ



タイトルとURLをコピーしました