DVDドライブがないノートパソコンの対処法と使い方【メリット・デメリット】


最近では、ノートパソコンにDVDドライが搭載されていないモデルが増えてきています。


映画の鑑賞ができなかったり、データやファイルの交換ができなかったり、使い勝手が悪くなったように感じる人は沢山いると思います。


そこで今回は、DVDドライブを搭載していないノートパソコンの対処法・使い方について紹介します。

  • DVDドライブがないノートパソコンのメリットについて
  • DVDドライブがないノートPCでOSをインストールする方法
  • DVDが再生できないノートパソコンで映画を観るには?
  • ノートパソコンの購入時にDVDドライブ搭載モデルを選ぶべき?


それでは、みていきましょう。



DVDドライブがないノートパソコンのメリットについて


以下、DVDドライブが搭載されていないノートパソコンの特徴やメリットになります。

  • DVDドライブの重さだけ軽くできる。
  • スペースの確保ができるため小型化できる。
  • シンプルな構造になってコスト削減になる。



DVDドライブがないノートPCでOSをインストールする方法


システムの調子が悪くなったからOSを再インストールしたり、OSを新規インストールしたりすることは、DVDドライブがないノートPCでも可能です。


いくつか方法はあるのですが、「Rufus」という無料アプリとUSBメモリを使ったインストール方法がお勧めです。WindowsやLinuxに対応しているうえ簡単にセットアップできるので、初めての方でも安心して実行できます。


アプリのダウンロード方法とWindows10のインストール手順は、「「Rufus」でインストールメディアを作成する手順」で紹介していますので、よかったら確認してみてください。



DVDが再生できないノートパソコンで映画を観るには?


答えは、外付けタイプのDVDドライブを使うことで解決できます。


リーズナブルな価格が魅力的で、誰にでもセットアップできる特徴があります。使い方もシンプルで、いざという時に一台持っていると非常に便利です。


手間をかけないで映画鑑賞を楽しみたい方には最適な方法です。


どのような外付けDVDドライブを選んだらいいか分からないって方は、「【安い】外付けDVDドライブの人気おすすめ8選」を参考にしてください。


Windows10でDVDが再生できない時は、「Windows10 DVDを再生するためのフリーソフト紹介」をご覧ください。



ノートパソコンの購入時にDVDドライブは搭載させた方がいいの?


使用用途と自分の好みで選ぶことが、一番の正解になります。


普段から部屋の中だけで使ったり、動画編集してメディアに記録したりする方には、DVDドライブを搭載したノートPCの方がいいと思います。


持ち運びを快適にするために、コンパクト性や軽さに追及している方は、非搭載タイプのノートPCが適しています。


少し価格が違ったりと微妙な差はありますが、パソコンの性能は変わらないので、どちらでも基本的にOKです。


ノートパソコンを購入する際はメリットとデメリットを考えて、後悔しない方を選んで欲しいと思います。



さいごに


ここでは、DVDドライブがないノートパソコンの使い方や対処法を紹介してきました。


USBメモリがあればOSのインストールできたり、リーズナブルな価格で外付けDVDドライブが購入できたり、意外と何とかなります。


自分の用途や好みに合わせて、ノートパソコンは選んでもいいと思います。



おすすめ関連記事


最新ノートパソコンのおすすめ紹介していますので、よかったらどうぞ。

≫【安い】ノートパソコンのおすすめ12選!高性能・Office付きモデル



タイトルとURLをコピーしました