Windows10 拡張子の関連付けを変更する方法【アプリの起動設定】


Windows10で音楽ファイルのmp-3をクリックして普通に再生したら、「Grooveミュージック」が起動するようになっています。Windows10から登場した「Grooveミュージック」は馴染みがないので「Windows Media Player」から音楽を再生したい場合は、拡張子の関連付けを変更することで可能です。


「プロパティ」の画面などから、ファイルの拡張子に応じて起動させるソフトを変えることができます。様々な状況で使用できる便利な設定方法になっているので、Windows10を使う場合は覚えていても損はありません。


それでは、みていきましょう。



拡張子の関連付けを確認してみよう【Windows10】


データファイルを右クリックして、「プロパティ」を選択します。



「プロパティ」のウインドウが開きます。「プログラム」に、現在の拡張子と関連付けされているプログラムが記載されています。



拡張子の関連付けを変えるための2つの手順


ここでは例として、mp-3が「Grooveミュージック」から「Windows Media Player」に関連付けの変更を行うための手順をWindows10から説明していきます。好みの手順から設定してみてください。


①「既定のアプリ」


Windows10デスクトップの左下側にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開くいたら、マウスカーソルを「歯車」のマークの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら、「アプリ」を選択します。



このような画面が開いたら、左側にあるメニューから「既定のアプリ」を選択します。



画面の右側から「既定値を設定する」をクリックします。



パソコンにインストールされているアプリやソフトの一覧が候補として表示されています。拡張子と関連している「Grooveミュージック」のソフトを選択します。



「管理」のボタンをクリックします。



この画面では、「Grooveミュージック」で起動させることが可能なファイルの一覧が表示されます。下方向ににスクロールさせて「mp-3」を選択すると、メニューが出てきます。新しく関連させたい「Windows Media Player」のソフトをここで選びます。

関連付けを戻したい場合は、「Grooveミュージック」を選び直します。



アイコンが変わっていたら、拡張子の関連付け操作は終了になります。



➁「プロパティ」のウインドウ画面


mp-3を右クリックして、「プロパティ」を選択します。



「プロパティ」のウインドウが開いたら、「変更」をクリックします。



「開く方法を選んでください。」のウインドウが表示されます。一覧から「mp-3」と関連付けしたいソフトを選びます。下記の画面のように「その他のアプリ」をクリックして、たくさんの候補を表示します。



ここでは「Windows Media Player」を選んでいますが、好みのアプリやソフトを選択してください。「OK」のボタンから画面を閉じます。

関連付けを戻したい場合は、「Grooveミュージック」を選び直します。



プログラムが「Windows Media Player」に変更されていたらOKです。



「適用」のボタンから「OK」の順番にクリックしてウインドウを閉じたら、拡張子の関連付け操作は完了になります。



Windows10の拡張子に関連した記事の紹介


Windows10のパソコンから拡張子を表示させると、作業効率が上昇したり、ファイルの種類について勉強できたり役に立ちます。セキュリティ対策にもなるので、Windows10を使うなら覚えて損はないと思います。下記からアクセス可能になってます。



タイトルとURLをコピーしました