HDDやSSDを完全消去(完全フォーマット)する方法 【Windows10】


データファイルをHDDやSSDから消去するために「ゴミ箱」のアプリを使ったり、フォーマット機能を実行したりしています。でも、復元ソフトを使えばデータファイルを回復できるみたいです。人に知られたくないデータなので、完全に消去できる方法はないのですか?


このような質問に答えていきます。


本記事では、HDDやSSDに保存しているデータを完全消去(完全フォーマット)する方法を紹介します。

  1. 「cipher」コマンドからHDDやSSDのデータを完全消去
  2. HDDやSSDを完全消去した後に、復元ソフトを使って検証
  3. HDDやSSDを確実に完全消去するためには?


このような方におすすめ
  • 別途アプリケーションのダウンロードやインストールをしたくない方。
  • 外付けHDDやSSD、USBメモリ、SDカードにも実行したい方。
  • 無料で高い効果が期待できる方法を探している方。


「cipher」というコマンドを使うため、多少はパソコンの知識が必要になってきます。


安全と確実を求めていてデータを完全消去したい方は、「ドクター・ホームネット」で相談できますので、興味があればどうぞ。


それでは、みていきましょう。



「cipher」コマンドからHDDやSSDのデータを完全消去


「cipher」コマンドから完全消去をスタートする前に、HDDやSSDをNTFSでフォーマットしてください。理由は2つあります。

  1. ダミーデータを上書きするので、HDDやSSDにデータがあると効果がないから。
  2. 「cipher」コマンドは、NTFSのファイルシステムのみ対応しているので。


ここでは、内臓ハードディスクの「ボリューム(D:)」を使って説明します。

Windows10などのOSが入っているCドライブ(HDDやSSD)の完全消去は実行できません。



Windows10 タスクバー上にある「🔎ここに入力して検索」のボックスに、半角英数字で「comand」と入力します。



メニューが出てきたら、「コマンドプロンプト」をクリックします。



「コマンドプロンプト」の画面が開きます。「cipher /w:d:」と入力して「Enter」キーを押したら、データの完全消去が実行されます。
ストレージの容量に比例して終了時間は異なりますが、参考までに200GBのハードディスクでは3時間で全ての作業が終了しました。

「ボリューム(G:)」のデータを消去したい場合は、「cipher /w:g:」と入力します。また、「cipher」と「/」の間に半角スペースが入ります。



このような画面になったら完全消去は終わりです。画面を閉じて、操作は終了になります。



HDDやSSDを完全消去した後に、復元ソフトを使って検証


データ復元ソフト「Recuva」を使用して、データの復元率をチェックしてみましょう。


Recuva の使い方は、「「Recuva 無料版」のダウンロードと使い方【安全性OK】」で説明していますので、よかったらご覧ください。


ここではUSBメモリ(8GB)の「ボリューム(E:)」を使って検証してみます。



Recuva で「ボリューム(E:)」をスキャンしたリザルトです。復元が可能なファイルが25個あります。



コマンドプロンプトから、USBメモリの完全消去を実行しました。



「cipher」コマンドを実行した後のリザルトです。復元できるファイルがひとつも確認できませんでした。



いかがだったでしょうか?


パソコンの処分を検討している人は、「cipher」コマンドを使って完全消去して欲しいです。第三者に重要な個人情報などのが知られたら大変ですから。


HDDやSSDを部分的に完全消去できるので簡単に紹介


HDDやSSDのパーティションを分割したら、部分的に完全消去の実行ができます。一部のCドライブを対象に完全消去したい方向けになります。


HDDやSSDのパーティションを分割したい人は、「HDDやSSDのパーティションを分割・結合する方法 【Windows10】」で説明していますので、参考にご覧ください。。



HDDやSSDを確実に完全消去するためには?


費用は掛かりますが、確実にデータ破棄したい方は業者に依頼する方法があります。


「cipher」コマンドを使って完全消去しても、さまざまな方法からデータファイルが復元できるので安心はできません。


基本的には3つの方法で、HDDやSSDからデータが復元できないための対策をしています。

  1. 専用ソフトウェアを使って復元不可の状態に近づける(完全消去)
  2. ハードディスクに磁気を当てて電磁的に破壊
  3. クラッシャー装置でHDDやSSDを物理的に破壊


物理的な破壊は確実に復元不可ですが、再利用できないデメリットがあります。


おすすめ業者
  1. ドクター・ホームネット365日から受付可能。高いリピート率で安心・丁寧。
  2. パソコン修理のHijikadoWindowsのパソコン修理やサポート。



おすすめ関連記事


外付けHDDやSSDを探している方向けの記事を紹介しています。参考までにご覧ください。

≫【安い】外付けHDDの人気おすすめ12選


≫【安い】ポータブル外付けSSDの人気おすすめ8選



タイトルとURLをコピーしました