HDDやSSDを完全消去(完全フォーマット)する方法【Windows10】


パソコンに保管されているデータファイルをHDDやSSDから消去するには、ゴミ箱を利用したり、フォーマットを実行したりします。HDDやSSDに書き込まれたデータ情報は完全に消去されていないため、復元ソフトからデータファイルを取り戻せる場合があります。


本記事では「cipher」のコマンドを使って、パソコンに保存しているデータをHDDやSSDから完全消去(完全フォーマット)する方法を紹介します。Windows10の標準機能であるコマンドプロンプトから完全消去が実行できるため、別途アプリケーションのインストールは不要です。外付けHDDやSSD、USBメモリー、SDカードなどにも対応していて様々なストレージから完全消去できるので、ぜひ覚えて欲しい標準機能です。


データの復元についての詳細は、復元ソフト「Recuva」の導入方法と簡単な使い方からご覧になることができます。他人に知られたくない重要なデータファイルや個人情報などは、完全に復元できない状態まで消去することをオススメします。


それでは、みていきましょう。


「cipher」コマンドからHDDやSSDのデータを完全消去


コマンドプロンプトから完全消去を実行する前に、HDDやSSDをNTFSでフォーマットしてくだい。理由は2つあります。

  1. ダミーデータの書き込み(上書き)を行うので、HDDやSSD内部にデータファイルが残っていると全ての領域に作用できないため効果がない。
  2. 「cipher」コマンドは、NTFSのファイルシステムのみ対応しているためです。


ここでは、内臓ハードディスクの「ボリューム(D:)」を使って説明します。

OSが入っているHDDやSSDの完全消去の実行はできません。



Windows10のタスクバー上にある「🔎ここに入力して検索」のボックスに、半角英数字で「comand」と入力します。



メニューが出てきたら、「コマンドプロンプト」をクリックします。



「コマンドプロンプト」のウインドウ画面が開きます。「cipher /w:d:」と入力してから「Enter」キーを押すと、データの完全消去が実行されます。ストレージの容量に比例して終了時間は異なりますが、参考までに200GBのハードディスクでは3時間で全ての作業が終了しました。

「ボリューム(G:)」のデータを消去したい場合は、「cipher /w:g:」と入力します。また、「cipher」と「/」の間にスペースが入ります。



このような画面になったら完全消去は終了です。画面を閉じて、操作は終了になります。



HDDやSSDを完全消去した後に「Recuva」ソフトで復元検証


データ復元ソフトの「Recuva」を使用して、データの復元率をチェックしてみましょう。Recuvaの使用方法については、復元ソフト「Recuva」の導入方法と簡単な使い方で説明しています。興味があればどうぞ。


ここではUSBドライブ(8GB)の「ボリューム(E:)」を使用して、検証実験していきます。



下記の写真は、RecuvaでUSBドライブ(ボリュームE)をチェックしたリザルト画面です。復元可能なファイルが25個ある状況です。



コマンドプロンプトを開けて、USBドライブの完全消去を実行してみました。



「cipher」コマンドを実行した後のリザルト画面になります。復元可能なファイルがひとつも確認できませんでした。



いかがだったでしょうか?完全消去はパソコンの処分を行う時、HDDやSSD単体を処分したい時に活用されます。他人の手に重要な個人情報などのデータファイルが渡ったら大変です。そのためパソコンやHDD・SSDの処分を行う前には、必ず完全消去を行ってデータが復元できない状態にまで行うことをオススメします。


通常のフォーマットについては、Windows10 HDDとSSDをフォーマットする方法【ストレージ初期化】から紹介しています。


完全消去に対応している外付けドライブについてのおすすめ製品の紹介です。参考までに。

≫【安い】外付けSSDの人気おすすめ9選

≫【安い】据え置きHDDの人気おすすめ6選

≫【安い】外付けポータブルHDDの人気おすすめ8選



【おまけ】HDD・SSDを部分的に完全消去できる方法


HDD・SSDのパーティションを分割して、部分的に完全消去も可能です。ストレージがひとつしかないノートパソコンには便利になっています。パーティションの分割・結合方法については下記記事で説明しています。ぜひ活用して欲しいWindows10標準機能のひとつです。

≫HDDやSSDのパーティションを分割・結合する方法【Windows10】



タイトルとURLをコピーしました