USBメモリとスティック型SSDの違い!速度・寿命・耐久性について解説


先日、見た目がUSBメモリにそっくりなスティック型SSDを見つけました。USBポートに挿し込んで同様に使うみたいなのですが、何が違うのか分かりません。それぞれの特徴を詳しく教えて欲しいです。


このような疑問に答えます。


本記事では、USBメモリとスティック型SSDの違いや特徴について解説していきます。


どちらを購入したらいいのか迷っている方の参考になれば幸いです。


それでは、みていきましょう。



USBメモリとスティック型SSDの違いとは?


USBメモリとスティック型SSDは、どちらもNAND型フラッシュメモリを用いてデータ保存しています。見た目がそっくりなうえ、データ保存するための構造も似ています。


一体、何が違うのか紹介していきます。


USBメモリの特徴


あらゆるデバイス間でのデータ移動を想定して開発されているため、パソコンに繋げた際には「リムーバルディスク」と認識されます。


さまざまな品質があるため寿命や速度などもいろいろですが、多くのデバイスで使える魅力があります。接続トラブルを避けたい人や初心者におすすめです。


スティック型SSDの特徴


記録領域の拡張を目的に作られた外付けストレージになるため、パソコンに繋げたまま使用することを想定して作られています。


OS上では「ローカルディスク」として認識され、USBメモリに比べてサイズが少し大きくなります。一部のデバイスに対応していない場合があるので、USBメモリと併用して使用すると安心です。


大きな特徴としてはパーティションの分割や結合が可能になっているため、データファイルを分けて管理したい方に適しています。



データの読み書き速度(スピード)


一般的にUSBメモリよりもSSDの方がデータ伝送は早いのですが、スティック型SSDと比較した場合はほとんど同じです。


USB3.2の規格に対応しているスティック型SSDの読込速度は、430MB/s~600MB/sの範囲になっています。一方のUSBメモリは様々な規格が採用されているため、30MB/s~600MB/sまでの幅広い範囲になっています。


書込速度はSSDが最大500MB/sくらいまで実用的になっていますが、USBメモリは260MB/sくらいが限界になります。


データ書込時の速度に違いはありますが、PS4/PS5などのゲームで利用する際は、どちらを使ってもいいと思います。



寿命・耐久性


一般的にUSBメモリの寿命は3年程度と言われていますが、SSDは5年は使えます。使い方や使用頻度にも影響しますがSSDの方が長持ちなのでコスパは抜群です。



さいごに


ここでは、USBメモリとスティック型SSDの違いについて紹介してきました。


基本的な使い方は同じなので、使用用途や好みに応じて使い分けていいと思います。


USBメモリの方が少しリーズナブルになっていますが、長く使えるSSDはコスパ面で優秀です。どちらがお得なのか悩むところです。



おすすめ関連記事


USBメモリを探している方はこちらを参考にどうぞ。

≫【大容量・高速】USBメモリおすすめ13選!音楽や写真・パソコンのデータ保存に


データ伝送のスピードを重視している方は、よかったらご覧ください。

≫【安い】ポータブル外付けSSDの人気おすすめ8選



タイトルとURLをコピーしました