バイオハザード4(パッケージ版)をWindows10にインストールする方法


2007年にカプコンからPC向けに発売されたバイオハザード4(パッケージ版)をWindows10にインストールする手順を紹介します。対応OSはWindows2000/XPになっていますが、Windows10での起動確認は行っているため安全に導入することができます。


既にWindows10がインストールされているパソコンまでになる動作スペックについて問題ないでしょうが、下記リンクからバイオハザード4(パッケージ版)の動作環境を確認できます。

≫CAPCOMの公式サイト


また、自分のWindows10パソコンのスペックを調べる方法は、パソコンのスペックを確認する方法 [Windows編]からご覧になることができますので、参考にしてください。


それでは、みていきましょう。



Windows10にDirectX9のインストール【事前に必ず行うこと】


パッケージ版のバイオハザード4はDirectX9で動かすため、Windows10にDirectX9をインストールする必要があります。下記記事から導入手順の確認ができるようになっています(既に導入済の場合は、スキップしてください)。


≫Windows10にDirectX9をインストール【古いゲームの起動が可能】


バイオハザード4(パッケージ版)のインストール方法【Windows10】


バイオハザード4のDVDをWindows10パソコンに挿入してソフトを起動させます。「biohazard4」のウインドウが表示されるので、「Install」 ボタンをクリックします。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージ画面が出るので「はい」を選択します。



セットアップ画面が開いたら、「次へ」をクリックします。



「使用許諾契約の全条項に同意します」を選択して「次へ」をクリックします。



「CD-Keyの入力」ではシリアルナンバーを入力して、「次へ」をクリックします。



ファイルのインストール場所を選択します。基本的に、このままで大丈夫なので「次へ」をクリックします。

変更がある場合は「参照」から行うことができます。



インストール画面になります。少し時間が掛かるため待ちます。



Windows10にバイオハザード4のインストールが完了しました。



「biohazard4」のウインドウから、「Play」のボタンをクリックしたらゲームが起動します。



タイトル画面になると、「START」からゲームを始めることができます。



バイオハザード4(パッケージ版)のゲーム設定を行う方法


Windows10にインストール完了できたら、画質とキーボード配置のゲーム設定を行ってみましょう。「biohazard4」のウインドウを開けたら、「Setup」のボタンをクリックします。



「ユーザーアカウント制御」のメッセージ画面が出るので「はい」を選択します。



「biohazard4 Setup」画面が開きます。



「Window Mode」では、フルスクリーン表示とウインドウ表示の2種類から選択できます。



「Widescreen」では、オンとオフに切り替えが可能です。



「Window Size」では、好みの解像度へ変更することができます。



「KEYBORD」では、ボタン配置の変更が可能になっています。



快適になるボタン配置に置き換えてみましょう。



【おまけ】低スペックPCでバイオハザード4を遊んでみた【Windows7】


2005年に発売された古いノートPCを使って、バイオハザード4の起動検証を行ってみまた。FPS測定を行って、実際に動かした感想を記事にして紹介しています。自宅に眠っている古いパソコンが活用できるかもしれませんので、参考にどうぞ。


≫【PCゲーム】バイオハザード4を低スペックPCにインストール



バイオハザード4をプレイした感想を紹介


実際にプレイしてみて感じたことを紹介しています。


≫【感想】バイオハザード4のレビュー・評価



タイトルとURLをコピーしました