ファイルの拡張子を表示する方法 [Windows10]


Windows10のファイルの拡張子とは、ファイルの種類を識別するために活用します。音楽ファイルは「.mp3」や「m4a」、画像ファイルは「.png」や「.jpg」、テキストファイルは「.txt」というように分ける事ができます。また、アプリケーションとの関連性を判別できるため、種類別にフォルダーなどを作って整理整頓ができます。




デフォルト状態のWindows10では拡張子が非表示になっているのですが、設定から「✓」マークを外すだけで簡単に表示させることができます。得体の知らない実行ファイル「.exe」を慎重に取り扱うことができるため、セキュリティ対策としても有効的な方法でおすすめです。


この記事では、「拡張子を表示するための手順」と「ファイルの種類を確認する手順」を紹介しています。それでは、みていきましょう。


ファイルの拡張子を表示するための手順


2つの方法を紹介しています。難しい操作は一切ないので、ぜひ今後のためにもここで設定しておきましょう。

  1. 「エクスプローラー」からの操作手順
  2. 「フォルダーオプション」からの操作手順


①「エクスプローラー」からの操作手順


Windows10デスクトップ画面の左下にある「スタート」ボタンを右クリックします。



スタートメニューが出てきたら、「エクスプローラー」をクリックします。



「エクスプローラー」が開くので、画面の上側にある「表示」タブをクリックします。



メニュー画面が出てくるので、「ファイル名拡張子」に「✓」マークを入れます。



「✓」マークを付けたら、拡張子が表示されるようになっています。画面を閉じて操作を終了させましょう。非表示に戻したい場合は、「✓」マークを外すだけでOKです。



➁「フォルダーオプション」からの操作手順


デスクトップの「スタート」ボタンを右クリックしてから「エクスプローラー」をクリックします。「エクスプローラー」が開いたら、画面上にある「ファイル」タブをクリックします。



メニューが展開されたら、「フォルダーと検索のオプションの変更」をクリックします。



「フォルダーオプション」のウインドウが開くので、上側にある「表示」タブをクリックします。



詳細設定の中にマウスを持ってきて下にスクロールします。「登録されている拡張子は表示しない」に付いている「✓」マークを外します。



「✓」マークを外すことができたら、拡張子を表示させる事ができています。「フォルダーオプション」のウインドウを閉じて操作を終了します。非表示に戻したい場合は、「✓」マークを付け直します。



ファイルの拡張子(種類)の確認方法


ここで紹介する方法は、設定画面から拡張子を表示させなくても、ファイルの種類を確かめることができます。マウスカーソルを確認したいファイルの上に持ってきて右クリックします。



ショートカットメニューから「プロパティ」を選択します。



「ファイルのプロパティ」のウインドウが表示されます。「ファイルの種類」に拡張子が記載されています。



ファイルの拡張子の表示によるメリットとデメリットは?


結論から言って、拡張子を表示させることによるデメリットはひとつも無いです。メリットはこの記事の冒頭で伝えた通りに、「アプリケーションとの関連性を判別できること」「実行ファイル「.exe」を慎重に取り扱うことができるため、セキュリティ対策としても有効的な方法」などがあります。なぜ、デフォルト状態で非表示になっているのか疑問なのですが、この機会に設定することをおすすめします。


間違って削除したデータが復元できるので紹介します。必要な場合はご覧ください。

>>Recuvaでデータを復元する方法



タイトルとURLをコピーしました