【検証】バイオハザード4を低スペックPCにインストールしてみた


こんにちは、ひろっきーです。


今回、パッケージ版として発売されているバイオハザード4を超低スペックPCにインストールできるのか検証してみました。


使用するパソコンは、シングルコアのPentium Mを搭載したDELLのinspiron6000です。Windows7にアップグレード済み。


本記事では、このような内容になっています。

  • バイオハザード4をインストールして起動確認。
  • バイオハザード4のFPS計測と遊んでみた感想。


バイオハザード4を動かすための動作環境を完全に満たしていないノートパソコンになります。


それでは、みていきましょう。



バイオハザード4の動作環境


2007年に発売されたバイオハザード4は、Windows2000/XPに対応したパッケージ版です。動作環境は下記にて紹介しています(CAPCOMの公式ページから引用)。

  • CPU:
    (必須)Intel Pentium 4 1.4GHz以上
    (推奨)Intel Pentium 4 2.4GHz以上
  • メモリ:
    (必須)256MB以上
    (推奨)512MB以上
  • ビデオカード:
    (必須)DirectX9.0c/Shader2.0以上に対応したVRAM128MB以上のビデオカード
    (推奨)DirectX9.0c/Shader2.0以上に対応したVRAM256MB以上のビデオカード


低スペックPCの紹介


バイオハザード4をインストールするための検証用パソコンは、2005年にDELLから発売された「inspiron6000」です。


以下、パソコンのスペックを紹介します。

  • OS:Windows7 Professional 32bit
  • CPU(プロセッサ):Pentium M 2.13GHz
  • メモリ(RAM):2GB(1GB+1GB)
  • チップセット:Intel(R) 915GM/GMS 910GML Express Chipset
  • ビデオメモリ(VRAM):92.0MB



「DirectX診断ツール」からスペックの詳細を掲載しています。



このノートPCはWindows7にアップグレードしていますが、エアロが非対応となっています。この時点で、ビデオ性能が低いパソコンであることが理解できます。


CPUは上位互換であるPentium Mに載せ替えて、可能な限りパソコン性能を上げています。メモリは最大容量の2GBまでアップグレード済みで、ストレージは初期に搭載されているHDDを使用しています。


パソコンの性能を調べる方法は、パソコンのスペックを確認する方法と調べ方【Windows10】で説明していますので、参考までにどうぞ。



バイオハザード4をインストールして起動確認


バイオハザード4をinspiron6000にインストールします。


結論を先にいうと、インストールは15分~20分くらいで無事に終わりました。ゲームも問題なく起動できました。


Windows10にインストール方法は、「バイオハザード4(パッケージ版)をWindows10にインストールする方法で紹介しています。


下記がバイオハザード4の起動画面になります。画面に少しの乱れが生じたくらいで、タイトル画面は通常に表示しました。カーソルを「START」に選択して遊んでみましょう。



バイオハザード4のFPS計測と遊んでみた感想


PCゲーム版のバイオハザード4をプレイするため、ゲーム設定環境の紹介や、実際にプレイしながらFPS計測を行いました。


ゲームの設定環境


実際にプレイする前に、ゲームの環境設定を変更します。低スペックPCで動かすため、解像度は最低画質の設定にします。

  • 画面の解像度は、最低設定の「800×600」
  • ウインドウ設定


フレームレート(FPS)の計測


フレームレート(FPS)は、Frapsという無料アプリケーションで計測しました。


フレームレートを計測した結果は9~15FPSの間でした。PS2版のバイオハザード4は30FPSになるので、通常プレイは困難なクオリティです。



実際にプレイした感想


実際に低スペックPCでプレイした感想は、フレームレートが低いため敵に照準を合わせるタイミングが非常に難しくなっています。ヘッドショットはさらに難易度が上がる感じです(慣れてきたら、意外と大丈夫ですけど笑)。


パソコンの性能が低いため最後までクリアは不可能だと思っていたのですが、途中でクラッシュすることなくプレイできたことは予想外の結果でした。


これは個人的に想像以上の結果で、inspiron6000でバイオハザード4を最後まで遊ぶことは可能になります。


本編以外のミニゲームも最後までプレイが可能で、FPS値に大きな違いはありませんでした。もう少しグラフィック性能が高ければ、最低設定でもギリギリ楽しめる範囲だと感じました。


バイオハザード4を通常にプレイしてみた感想を紹介していますので、ぜひご覧ください。


≫【感想】バイオハザード4を遊んだ後のレビュー・評価



さいごに


モバイル版のCPU性能やGPU能力は、近年かなり飛躍していると感じています。PS5と同等以上の性能を持つノートPCが15万円以下の値段で売られています。


容易に持ち運びができるため活動範囲を広げることができ、いつでも知人や友人と遊べるメリットを生かしてみたらいいと思います。

≫【安い】ゲーミングノートPCのおすすめ10選



タイトルとURLをコピーしました