Windows10 タスクバーのアイコンを中央に寄せる方法【CenterTaskbar】


Windows10のタスクバーにあるアイコンは左端に詰めて表示されていますが、標準機能から位置を移動させることができません。そこで、中央の位置に寄せることができるフリーソフトの「Center Taskbar」について紹介していきます。パソコンへのインストールは不要であるため、レジストリ変更がされないのでお手軽に利用できます。



本記事では、GitHubのページから無料ダウンロードを行う方法から使い方まで説明します。それでは、みていきましょう。



Windows10のタスクバーのアイコンを中央に寄せる手順


ここでは、「Center Taskbar」のインストール方法と中央に寄せるための使い方を紹介していきます。


インストールまでの流れ


≫ファイルのダウンロードページ(「GitHub」のWebサイトへ)

上記のアドレスへとアクセスします。開いたWebページを少し下にスクロールして最新の「CenterTaskbar.exe」と「Source code (zip)」のファイルをダウンロードします。



「CenterTaskbar.exe」のダウンロードを行う際にブロックされることがあるので、以下に対処法を紹介しています。参考のためご覧ください。



マウスカーソルを『CenterTaskbar.exeはお使いのデバイスに問題を起こす可能性があるため、ブロックされました。』に移動させて右クリックします。メニューが開くので「保存」を選択します。



次の画面に切り替わったら「詳細表示」をクリックします。



「保持する」をクリックしたら、ファイルがダウンロードされます。



アプリの起動と中央に寄せるための手順


「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」のフォルダーの順番に進んだらダウンロードした2つのファイルを確認することができます。



圧縮ファイル(.zip)の解凍を行うために、右クリックメニューから「すべて展開」をクリックしてファイルを展開させます。



この時点で、3つのファイルが存在している状態になります。「CenterTaskbar.exe」を解凍された「CenterTaskbar-1.92」のフォルダーへ入れます。



フォルダーの中はこんな感じです。このままの状態で「CenterTaskbar.exe」をダブルクリックしてアプリを起動させてみましょう。



アプリの起動が完了すると、タスクバーにあるアイコンが中央に寄せられています。



もし、アプリの起動時に「PCが保護されました」のメッセージが表示された場合は以下の手順で対処します。「詳細情報」をクリックします。



「実行」ボタンをクリックしたら起動できるようになります。



タスクバーを通常の状態に戻す手順


中央の位置に寄せられているということは、アプリがWindows10に常駐している状態になります。タスクバーの右端にアイコンが表示されているので、右クリックからメニューを開けます。



メニューが開いたら「Exit」をクリックします。アプリが停止させられるため、タスクバーのアイコンが左詰めの状態に戻ります。

Windows10の再起動を行った場合でも通常の状態に戻ります。



因みに、アイコンはタスクバーから隠れている場合があるので参考までに。



タスクバーの位置を変更しても中央寄せは可能


タスクバーの位置を「左」「上」「右」に移動させている状態でも中央に寄せることは可能です。



Windows10でタスクバーの位置を移動する方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

≫Windows10 タスクバーの位置を移動する方法



Windows10のタスクバーの使い方


Windows10でタスクバーを使う方法を詳しく紹介しています。

≫Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ



タイトルとURLをコピーしました