Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ


Windows10でタスクバーの基本的な機能とカスタマイズ方法の紹介になります。多くの便利な機能が搭載されているので、スタイルや機能の追加・変更など行いたい場合は本記事を参考にしてみてください。


それでは、みていきましょう。


Windows10 タスクバーとは


通常、Windows10ディスプレイの下端にある帯状のツールバーのこと。スタートボタンへのアクセスが可能だったり、起動中のアプリが表示されたり様々な機能の使用が可能です。ネット回線の状況、音量調整、日付などの基本情報も分かるようになっています。


Windows10 タスクバーの設定画面の開き方【カスタマイズ】


Windows10のタスクバーには様々な変更やカスタマイズができるようになっています。ここで開き方を覚えておきましょう。2つの手順を紹介しています。

  1. スタートメニュー
  2. タスクバーの右クリック


①スタートメニューからの表示


Windows10デスクトップの左下にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けて、マウスカーソルを「歯車」アイコンの上にのせて「設定」をクリックします。



ここでは、「個人設定」を選択して次へ進みます。



左側にあるメニューから「タスクバー」を選択したら、右側に設定画面が開きます。



タスクバーからの表示【右クリックメニュー】


ディスプレイの下端にあるタスクバーの何もないところで右クリックします。右クリックメニューが開くので、一番下の「設定」を選択します。



設定画面が出てきたら、操作は完了になります。



Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ手順


ここでは大きさや色、位置(場所)などを変える手順やその他のカスタマイズ手順の紹介になります。一般的によく利用されている機能をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。


タスクバーの色を変える


Windows10で準備されている標準の色や自分でカスタマイズした色に変えるための手順になります。
≫Windows10 タスクバーの色を変更する方法


Windows10のスタートボタンから「設定」を選択して「個人用情報」の順番にクリックします。次に、左側のメニューから「色」をクリックします。



下方向にスクロールして、「スターメニュー タスクバー アクションセンター」のボックスに✓マークを付けます。



「Windowsの色」から好みの色を選びます。ここでは、オレンジ色を選んでみます。



下記の写真は、オレンジ色が反映されている状態になります。



タスクバーの位置を移動・変える


Windows10では下端がデフォルトの位置になっています。「上」「左」「右」の位置に移動させることが可能です。
≫Windows10 タスクバーの位置を移動する方法


設定画面を下方向にスクロールして「画面上のタスクバーの位置」をクリックします。



「左」「上」「右」「下」から好みの位置を選択したら、位置が反映されるようになっています。



タスクバーの大きさを変える


最大で画面の半分まで大きさを変えることができます。必要に応じて好みのサイズへ変更可能となっています。
≫Windows10 タスクバーの大きさを変える方法【サイズ変更】


タスクバーの何もないところで右クリックして、右クリックメニューから「固定する」の✓マークを外します。



マウスカーソルをタスクバー境界線の上端に移動させると、マウスカーソルの形が変わります。クリックの長押しからマウスカーソルを動かして、大きさ(幅)を変更できるようになっています。



タスクバーを自動的に隠す


自動的に隠すことでディスプレイを最大限に活用したり、不要なクリックを防ぐことができるためオススメです。
≫Windows10 タスクバーを自動的に隠す方法


設定画面から、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」をオンに変更します。



タスクバーの検索ボックスを削除


大きなスペースが必要とされる検索ボックスを削除するための手順紹介です。アイコンのみ小さいサイズに変更することも可能なので、好みで設定してみましょう。
≫Windows10 タスクバーにある検索ボックスを削除する方法



タスクバーの何もないところで右クリックします。開いたメニューから「検索」に移動して「表示しない」の順番にクリックします。

「検索アイコンを表示」を選択した場合は、アイコンの小さいサイズに変わります。



検索ボックスが消えてなくなります。



タスクバーのボタンのラベルを表示


従来のWindows7で採用されていた表示スタイルになります。好みに応じて変更してみてください。
≫Windows10 タスクバーのボタンを結合しない【ラベルの表示】



設定画面から、「タスクバーのボタンを結合する」を「結合しない」に変更します。



タスクバーのボタンのラベルが表示されるようになります。



Windows10 タスクバーの他の機能


ここで紹介できなかった機能は、下記からアクセスしてご覧になってみてください。その他にも様々な機能の変更やカスタマイズができるようになっているので、よく使う機能はぜひ参考にして欲しいと思います。

≫Windows10 タスクバーからブルートゥース接続を行う方法

≫Windows10 タスクバーに「ツールバー」を追加する方法

≫Windows10 タスクバーの「天気」機能を消す方法

≫Windows10 タスクバーの時計に秒を表示【秒単位の設定】

≫Windows10 タスクバーにURLショートカットを表示する方法

≫Windows10 タスクバーのアイコンを中央に寄せる方法【CenterTaskbar】

≫Windows10 タスクバーに必要なアイコンを表示させる方法




タイトルとURLをコピーしました