「Rufus」でWindows10をダウンロードする方法【安全性OK】


自作パソコンにWindows10をインストールしたいのですが、DVDが読み込める光学ドライブを付けていません。そのため、インストールUSBドライブを作成したいと考えていて、isoファイルを入手できる方法が知りたいです。過去にリリースされたバージョン選択ができたら嬉しいです。


このような悩みを解決します。


本記事では、このような内容で紹介します。

  • 「Rufus」でWindows10を安全にダウンロードしてみよう
  • Windows10をダウンロードする【MediaCreationTool】


「Rufus」というフリーソフトを使って、Windows10のisoファイルをダウンロードします。過去にリリースされた全てのバージョンが簡単に入手できます。


別途アプリのインストールは不要なので、レジストリ変更は行わないためパソコンに優しいです。


それでは、みていきましょう。


「Rufus」でWindows10を安全にダウンロードしてみよう


以下、RufusでWindows10をダウンロードする手順を紹介します。


Rufusとは、広告やバナー表示がなく合法的なフリーソフトです。公式サイトからソフトをダウンロードすることで安全に使用できます。


Rufusのインストール手順


下記リンクから、簡単にRufusをダウンロードできます。

≫Rufusの公式サイト


Rufusの公式サイトが開いたら、スクロールして「最新のアップデート」の欄から「Rufus O.OO」を選択します。



Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」フォルダーの順番に移動して、「rufus-o.oo.exe」が保存されていることを確認します。


以上で、Rufusのインストールは終わりです。



Windows10のダウンロード手順


Rufusの公式サイトからダウンロードした「rufus-o.oo.exe」を右クリックして、「管理者として実行」を選んでクリック。
Rufusが開いたら、「選択」のボタンにある「▼」マークから「ダウンロード」をクリックします。



「ダウンロード」をクリックします。



バージョン設定をする画面が開きます。
「バージョン」ではWindows10かWindows8.1の選択が可能になっています。



「リリース」では全バージョンの一覧が出てきます。ここではWindows10のver.1709を選んでます。

マイクロソフトのサポートが終了しているバージョンは、セキュリティが貧弱なため推奨していません。



「エディション」では、「Home」「Pro」「Education」の3つの中から選択します。



「言語」は日本語を選んでおきましょう。



「アーキテクチャ」からは64ビットか32ビットのどちらかを選択します。



以上で全ての設定が完了したので、「ダウンロード」のボタンをクリックします。



「名前を付けて保存」の画面が開くので、isoファイルの保存場所を決めておきましょう。
最後は「保存」ボタンで決定します。



Windows10のダウンロードが始まります。



ダウンロードが完了しました。「閉じる」のボタンで操作を終了します。



指定した保存場所から、isoファイルの確認は忘れずに。



以上で、RufusからWindows10をダウンロードする手順は終わりです。


Rufusで入手したWindows10を使ってインストールUSBメディアの作成方法を、Rufusでインストールメディア作成の手順を紹介で説明していますので、参考までにご覧ください。


Windows10の認証コードはこちらから。



Windows10をダウンロードする【MediaCreationTool】


マイクロソフトから配布されている「MediaCreationTool」を使って、最新バージョンのWindows10が入手できます。


マイクロソフトが提供しているアプリになるので安全性は保障付きです。使い方は、「Windows10のisoファイルをダウンロードしてみよう」で紹介しています。



タイトルとURLをコピーしました