「Rufus」でWindows10のisoをダウンロードする方法【全バージョン対象】


自作パソコンにWindows10を新規で導入する時やOSの再インストール時に、好みのバージョンでインストールしたいときってないですか。OSのアップデート後は、使用中のアプリが安定しなかったり起動しなくなったりと理由は様々です。


本記事では古いバージョンのWindows10のisoファイルをダウンロードできる無料ソフト「Rufus」の紹介をします。インストール不要でレジストリ変更を行う必要がなく、持ち運びできる特徴があります。RufusのダウンロードとWindows10を入手する手順をご案内します。


それでは、みていきましょう。


【Rufusの使い方】Windows10をダウンロードする手順


過去にリリースされたWindows10を入手するための手順を簡単に紹介していきます。まずはRufusのソフトをパソコンに導入しましょう。次にRufusから、OSのisoファイルをダウンロードしていきます。


Rufusの導入


下記リンクにアクセスして、Rufusのダウンロードを行います。

≫Rufusの公式サイト


Rufus公式サイトが開いたら、スクロールして「最新のアップデート」の中から「Rufus」を選択します。



タスクバーの左端にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」フォルダーの順番に進むと「rufus-o.oo.exe」が保存されているので確認します。


Windows10のダウンロード


「rufus-o.oo.exe」を右クリックして「管理者として実行」で起動させます。Rufusの画面が開いたら、「選択」の隣にある「▼」マークから「ダウンロード」の順番にクリックします。



再度、「ダウンロード」ボタンをクリックします。



設定を行うためのウインドウ画面が開きます。「バージョン」ではWindows10かWindows8.1の選択が可能になっています。



「リリース」では全バージョンの一覧が出てきます。ここではver.1709を選んでます(マイクロソフトのサポートが終了しているバージョンは、セキュリティが貧弱なため推奨しません)。



「エディション」は「Home」「Pro」「Education」の3つの中から選択します。



「言語」は日本語を選んでおきましょう。



「アーキテクチャ」からは64ビットか32ビットのどちらかを選択します。



最後に「ダウンロード」のボタンをクリックします。



「名前を付けて保存」の画面が開くので、ファイルの保存場所を決めます。「保存」ボタンで決定します。



ダウンロードが始まります。



ダウンロードの完了です。「閉じる」のボタンからRufusの画面を閉じます。



Windows10のイメージファイルを確認してみましょう。



isoファイルを用いてインストールUSBメディアの作成してみましょう。光学ドライブが搭載されていないパソコンにインストールを行うためにはオススメです。

作成手順は、【無料ソフト】Rufusでインストールメディア作成の方法【Windows10】で説明しています。


最新Windows10のダウンロード方法【Microsoft公式サイトから】


マイクロソフトから配布されている「MediaCreationTool」を使って、最新バージョンのWindows10が入手できます。

ダウンロード手順は、Windows10のisoファイルをダウンロードする方法で説明しています。



タイトルとURLをコピーしました