Windows10をダウンロードする方法【過去のバージョン】


無料ソフトの「Rufus」を使用して、過去にリリースされたバージョンのWindows10をダウンロードすることができます。インストール操作が不必要なので、お手軽に使用できるアプリです。Windows8.1のファイルを入手することも可能なので、必要な際に活用できる機能です。


「現在使用しているソフトウェアが新しいバージョンに対応していない」「使用しているアプリが古いバージョンの方が安定していた」といった場合は、過去にリリースされたWindows10が必要になるかもしれません。しかし、Microsoftのサポートが終了している場合もあるので、パソコンにインストールする際は注意が必要です。


それでは、みていきましょう。


Windows10のダウンロード手順


過去にリリースされたWindows10を入手するための手順を簡単に紹介していきます。まず初めに、Rufusのアプリをパソコンに導入しましょう。その次に、Windows10のisoファイルをダウンロードしていきます。手順をひとつひとつ確認していきましょう。


Rufusのアプリをパソコンに導入


Rufusの公式サイトにアクセスしてから、実行ファイルをパソコンに保存することができます。


ページが開いたら、下方向にスクロールして「最新のアップデート」からRufusのファイルをクリックします。



デスクトップ画面にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」の順番に進んだら「rufus-o.oo.exe」の実行ファイルが保存されています。


Windows10のダウンロード【isoファイルでの入手】


「rufus-o.oo.exe」を右クリックしてから「管理者として実行」でアプリを起動させます。アプリのウインドウ画面が開いたら、「選択」の隣にある「▼」マークから「ダウンロード」の順番にクリックします。



次に、「ダウンロード」をクリックします。



OSの設定を行うための別ウインドウ画面が表示されます。「バージョン」はWindows10又は、Windows8.1の選択が可能ですが、ここではWindows10を選択しています。



「リリース」から過去に登場した全バージョンの選択ができます。ここでは、ver.1709を選んでいます。



「エディション」を決めていきます。「Home」「Pro」「Education」の中から選ぶことができます。



「言語」の選択ができるので、日本語を選んでおきましょう。



最後に、「アーキテクチャ」から64ビットか32ビットのどちらかを選択します。



準備できたら「ダウンロード」のボタンをクリックします。



「名前を付けて保存」の画面が表示されるので、ファイルの保存場所を指定します。右下の「保存」をクリックします。



ダウンロード中になります。



ダウンロードの完了です。「閉じる」のボタンからアプリを閉じて操作の終了です。



実際に、Windows10のisoファイル(イメージディスク)を確認してみましょう。



入手したイメージディスクを使用してインストールUSBの作成方法の紹介をしています。「Rufusの導入方法と簡単な使い方【インストールUSBの作成】」から、ご覧になってください。

Windows10のダウンロード方法【Microsoft公式サイトから】


Microsoftから配布されている「MediaCreationTool」を使って、最新バージョンのWindows10が入手できます。また、インストールUSBドライブの作成が可能で便利なツールになっています。「Windows10のisoファイルをダウンロードする方法」や「Winodws10 インストールメディア作成の方法【USBドライブ】」で使い方を詳しく説明しているので、ご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました