HDDやSSDのパーティションを分割・結合する方法 【Windows10】


1個のHDD(SSD)を「OS」と「バックアップ」の専用ストレージに使い分けたいので、複数のドライブとして設定できないの?ノートPCを使っているので、ストレージを追加することが難しいし。簡単な操作方法があれば教えて欲しいです。


こういった質問に答えていきます。


本記事では、HDDやSSDのパーティションを分割・結合する方法を紹介します。

  1. HDDやSSDのパーティションの分割手順
  2. HDDやSSDのパーティションの結合手順
  3. 安全にHDDやSSDのパーティションの変更方法


パーティションの分割・結合とは?


HDDとSSDには、通常1つのドライブが割り当てられていますが、複数のドライブとして Windows10 に認識させることができます。


例えば、容量100GBのハードディスクを70GBと30GBに分けて作成できます。このことを「パーティションの分割」といって、パソコンでは複数のHDDやSSDが存在していると認識されます。

パーティションとは、HDDやSSDが持つ記憶領域のこと。


70GBと30GBに分けられているパーティションを100GBの状態に戻すことを「パーティションの結合」といって、Windows10 に搭載されている機能から変更できます。


このような方におすすめです
  • デュアルブートOSの設定をしたい方。
  • データの管理を簡単にしたい方。


パーティションの分割・結合は、HDDやSSDに保存しているデータを失う危険があります。


安全にパーティションの変更をしたい方は、「ドクター・ホームネット」まで相談をどうぞ。


それでは、みていきましょう。



HDDやSSDのパーティションを分割する手順


HDDやSDDのパーティションを変更する前に、データのバックアップは必ず行いましょう。万が一のために備えることは重要です。


Windows10 タスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックします。



メニュー画面が開くので、「ディスクの管理」を選択します。



表示される内容はパソコンによって違いますが、「ディスクの管理」画面が開きます。Cドライブ(930.39GB)のパーティションを分割したい場合は、OS(C)の上でマウスカーソルを右クリックします。

CドライブにはOSのデータが入っているため、作業が失敗した場合はパソコンの起動ができないことがあります。電源コードがしっかりと差し込まれているか確認してください。



「ボリュームの縮小」を選択します。



利用可能な領域を照会しているため少し待ちます。



「縮小」の画面が表示されたら、「縮小する領域のサイズ」の数値を変更します。



ここでは300GBに設定して、Cドライブ(630.39GB)と新しいドライブ(300GB)に分けてみます。「縮小」のボタンからパーティションの分割が開始できます。



「OS(C)」に637.42GB、「未割り当て」に292.97GBが振り分けられた状態になります(パーティションが分割された状態)。



未割り当ての292.97GBを Windows10 に認識させるために、新しいボリュームを決めてあげます。



「未割り当て」の上で右クリックして、「新しいシンプル ボリューム」を選択します。



「ウィザードの開始」の画面が開いたら、「次へ」をクリックします。



このような画面が開いたら、何も変更しないで「次へ」をクリックします。



ここではドライブの文字を割り当てします。ボリューム(D)、(E)、(F)という感じでドライブ名に付けたいアルファベットを選びます。



ここでは「D」を選んで、「次へ」をクリックしています。



「パーティションのフォーマット」の画面は、何も変更しないで「次へ」をクリックします。



「ウィザードの完了」と表示されたら、「完了」をクリックして画面を閉じます。



「ディスクの管理」の画面を確認してみましょう。該当するHDD・SSDのパーティションが分割されていたら成功です。

パーティションは最大で4個まで分割できます。



以上で、HDD・SSDのパーティションが分割できました。


通常フォーマットが必要な場合はコチラ


もう一度HDDやSSDをフォーマット(初期化)したいときは、Windows10に備わっている機能から実行できます。※ Windows10 のシステムが入っているCドライブをフォーマットすることは不可。


フォーマット手順を知りたい方は、「Windows10 HDDやSSDのフォーマット手順【初期化】」で説明していますので、よかったらどうぞ。



HDDやSSDのパーティションを結合する手順


分割したパーティションを元の状態に戻したい方に。


Windows10 タスクバー左端にある「スタート」ボタンの右クリック→「ディスクの管理」の順番にクリックします。



OS(C)とボリューム(D) は、同じHDD・SSDから分けられているので、パーティションの結合ができます。

違う種類のHDD・SSDを1個のドライブに結合することはできません。



「ボリューム(D)」の上で右クリック→「ボリュームの削除」の順番にクリックして、Dドライブを「未割り当て」に変更します。



「シンプルボリュームの削除」のメッセージが表示されます。削除してもよかったら「はい」を選択します。

ボリューム(D)に保存しているデータが削除されるので、バックアップが必要な場合は行ってください。



Dドライブ(292.97GB)が「未割り当て」に変更しました。※ Windows10 に認識されてない状態。



次にOS(C)に結合したいため、OS(C)の上で右クリックして「ボリュームの拡張」を選択します。



「拡張ウィザードの開始」の画面が開いたら、「次へ」をクリックします。



「ディスクの選択」が開いたら、何も変更はしないで「次へ」をクリックします。



「拡張ウィザードの完了」と表示されたら、「完了」をクリックします。



複数ドライブが、まとめて結合されました。



以上で、HDD・SSDのパーティションが結合できました。



安全にHDDやSSDのパーティションを変更する方法


大きなトラブルを回避して、OSのシステムや保存しているデータを保護したい方向け。


HDDやSSDのパーティションを自分で変更する場合は、作業が失敗するリスクは高くなります。ちょっとした操作ミスが原因でOSが起動しなくなることもありますから。


OSのリカバリに費やす時間やデータ損失のリスクが嫌いな方は、操作に慣れているプロの人に依頼してみてはどうでしょうか。


費用はかかりますが、パーティションを安全に分割・結合したい方は、「ドクター・ホームネット」の活用をどうぞ。


365日トラブルに対応しているPC修理サービスになります。持込み、訪問、宅配のサービスを行っているためお手軽にお願いできる特徴があります。


詳しく知りたい方は、「【評判】ドクター・ホームネット【PC修理サービス】」から説明していますので、よかったらご覧ください。



さいごに:外付けHDDやSSDでパーティション変更の対策


パーティションを変更しなくても外付けHDDやSSDで対応できるのであれば、参考までにコチラもどうぞ。

≫【安い】外付けHDDの人気おすすめ12選


≫【安い】ポータブル外付けSSDの人気おすすめ8選


以上で、おわりです。



タイトルとURLをコピーしました