HDDやSSDのパーティションを分割・結合する方法【Windows10】


通常、HDDやSSDにはひとつのドライブを割り当てられますが、Windows10の標準機能で複数のドライブ作成が可能になります。例えば、100GBのハードディスクを70GBと30GBに分けて作成することができます。このことをパーティションを分割すると言って、パソコンでは複数のHDDやSSDが存在していると認識されています。

パーティションとはHDDやSSDが持つ記憶領域のことになります。


ひとつのHDDやSSDしか搭載されていないパソコンで、デュアルブートOSの設定を行いたい場合やバックアップ専用のドライブが欲しい場合に、パーティションの分割はよく使われます。注意点として、パーティション分割は最大で4つまでとなっていて、5つ以上に分けることは不可能です。あと、HDDやSDDのパーティションを分ける前に、データのバックアップは必ず行うことをオススメします。万が一のために備えることは重要です。


Windows10の標準機能でHDDやSSDのパーティションを結合できるので、分割された30GBと70GBを100GBに合わせることが可能になります。外付けのHDD・SSDを購入したり、新しくHDD・SSDを増設したりして、パーティションを分ける必要がなくなったら初期のパーティションに戻しておきましょう。こちらも、データのバックアップは必ず行ってからパーティションの結合を行ってください。


本記事では、Windows10でパーティションの結合・分割を行う方法を紹介しています。ぜひご覧になってください。


それでは、みていきましょう。



HDDやSSDのパーティションを分割する手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリックします。



メニュー画面が開くので、「ディスクの管理」を選択します。



表示される内容はパソコンによって違いますが、「ディスクの管理」画面が開きます。OS(C)は
930.39GBの容量を持っていることが分かります。このドライブのパーティションを分割してみましょう。OS(C)の上でマウスカーソルを右クリックします。

CドライブにはOSのデータが入っているため、作業が失敗した場合はパソコンの起動ができない可能性があります。慎重に行ってください。



ショートカットメニューから「ボリュームの縮小」を選択します。



利用可能な領域を照会しているため少し待ちます。



「縮小」の画面が表示されます。「縮小する領域のサイズ」の数値を変更します。



ここの数値は300GBに設定して、メインのドライブ(630.39GB)と300GBに分けてみます。「縮小」のボタンからパーティションの分割を開始します。



「OS(C)」に637.42GB、「未割り当て」に292.97GBが振り分けられた状態になります(パーティションが分割された状態)。



この時点で292.97GBは、Windows10に認識されていないため新しくボリュームを決めなければなりません。



未割り当ての292.97GBを右クリックして「新しいシンプル ボリューム」を選択します。



「ウィザードの開始」の画面が開いたら、「次へ」をクリックします。



このような画面が開いたら、何も変更しないで「次へ」をクリックします。



ここではドライブの文字を割り当てします。ボリューム(D)、(E)、(F)という感じでドライブに名前を付けることができるので、好きなアルファベットを選びます。



「D」の隣にある▽マークから、アルファベットを選ぶことができます。ここでは「D」を選んで、「次へ」をクリックしています。



「パーティションのフォーマット」の画面は変更しなくてもOKです。「次へ」をクリックします。



「ウィザードの完了」と表示されたら、「完了」のボタンをクリックして画面を閉じます。



「ディスクの管理」の画面を確認してみましょう。該当するHDD・SSDのパーティションが分割されていたら操作は完了になります。



パーティションの分割で新しく作成されたボリューム(D)は、通常フォーマットから初期化することが可能です。手順は、Windows10 HDDやSSDのフォーマット手順【初期化】で紹介しています。ぜひ参考にどうぞ。


ストレージを完全フォーマットする手順は下記記事で説明しています。

≫HDDやSSDを完全消去(完全フォーマット)する方法【Windows10】



HDDやSSDのパーティションを結合する手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンの右クリックから「ディスクの管理」の画面を開けます。OS(C)とボリューム(D) は、ひとつのHDD・SSDから分けられたドライブになるので、パーティションで結合していきます。



マウスカーソルをボリューム(D)上に移動して右クリック。ショートカットメニューが開くので、「ボリュームの削除」を選択してDドライブを削除します。



「シンプルボリュームの削除」のメッセージが表示されます。削除してもよかったら「はい」を選択します。

ボリューム(D)に保存しているデータが全て削除されるため、最後にバックアップの確認をオススメします。



292.97GBが「未割り当て」に変わったことを確認してください。Windows10に認識されていない状態になります。



次に、マウスカーソルをOS(C)の上に移動させて右クリックします(ここでのOS(C)は、結合される側のドライブを指します)。ショートカットメニューが開いたら、「ボリュームの拡張」を選択します。



「拡張ウィザードの開始」の画面が開いたら、「次へ」をクリックします。



「ディスクの選択」が開いたら、特別な変更や設定はしないで「次へ」をクリックします。



「拡張ウィザードの完了」と表示されたら、「完了」のボタンをクリックします。



2つのドライブが1つに合わさったので、パーティションの結合操作はこれで完了になります。



HDDやSSDの関連記事


ポータブルHDDやSSDについてのおすすめ製品を紹介しています。同様に、パーテションの分割や結合は実行可能なので、バックアップやデータ管理用にどうぞ。


≫【安い】外付けポータブルHDDの人気おすすめ8選



≫【安い】据え置きHDDの人気おすすめ6選



≫【安い】外付けSSDの人気おすすめ9選



タイトルとURLをコピーしました