Winodws10のインストールUSBの作成とフォーマット(元に戻す)方法


Windows10(最新バージョン)のインストールUSBを簡単に作成したい方向け。


このような方におすすめです。

  • 光学ドライブのないパソコンを使っている方。
  • Windows10のDVDメディアを持ってない方。
  • 今すぐにWindows10をPCに導入したい方。


マイクロソフトから提供されている「MediaCreationTool」を使用して、安全にインストールUSBが作成できます。作成に必要なモノはUSBメモリのみ。


本記事では、このような内容で紹介しています
  1. インストールUSBの作成手順
  2. インストールUSBのフォーマット(元に戻す)手順


それでは、みていきましょう。



インストールUSBの作成手順


インストールUSBを作成するために、USBメモリをPCに挿入しておきましょう。


下記の公式サイトから「MediaCreationTool」をダウンロードします。

≫「MediaCreationTool」のダウンロード(Microsoftの公式サイト)


画面を下方向にスクロールして「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。



「MediaCreationTool.exe」のダウンロードが完了したら、「ファイルを開く」をクリックします。



「適用される通知とライセンス条項」が表示されるので、ここでは「同意」を選択します。



「別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選んで「次へ」をクリックします。



「このPCのおすすめのオプションを使う」の✓マークを外します。



言語、エディション、アーキテクチャの選択ができるようになるので、保持しているライセンスキーに合わせて選びます。



「USBフラッシュドライブ」を選択したら「次へ」をクリックします。



このような画面になったら、該当するUSBメモリを選んで「次へ」をクリックします。
※ここでは(E)ボリュームになっています。



isoファイルをダウンロードしています。



インストールUSBが作成でました。「完了」をクリックして操作は終了です。



Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリック → 「エクスプローラー」 → 「PC」の順番にクリック。該当するUSBメモリの名前が「ESD-USB」になっていたら成功です。



以上で、作成手順は終わりです。


インストールUSBの作成に対応しているUSBメモリ


USBメモリの容量は最低8GBあれば十分にインストールUSBの作成は可能です。


USBメモリを探している方は、「【大容量・高速】USBメモリおすすめ13選!音楽や写真・パソコンのデータ保存に」から参考にご覧ください。



インストールUSBのフォーマット(元に戻す)手順


インストールUSBを元のUSBメモリに戻して、通常のデータ保存として活用したい方のためにフォーマット手順を紹介します。初期化して何もデータが書き込まれてない状態にします。


フォーマットして元に戻したい方は、「Windows10 HDDとSSDをフォーマットする方法【ストレージ初期化】」で説明していますので、ぜひご覧ください。



おすすめ関連記事


Windows10のisoファイルがダウンロードできますので、よかったらご覧ください。

「Rufus」でWindows10をダウンロードする方法【安全性OK】


isoファイルを使ってインストールUSBの作成ができますので、参考までに紹介します。

「Rufus」でインストールメディアを作成する方法



タイトルとURLをコピーしました