Winodws10 インストールメディア作成の方法【USBメモリ】


光学ドライブが搭載されていないパソコンでは、DVDからWindows10のインストールを行うことができません。対処法として外付けドライブからDVDを読み込ませるか、Windows10のデータを外付けHDDに入れてインストールメディアを作成する方法があります。


外付けドライブは、【安い】外付けDVDドライブの人気おすすめ10選から購入することで解決できるため、本記事ではUSB接続が可能となるストレージでインストールメディアの作成方法を紹介します。


マイクロソフトから提供されているメディア作成ツール「MediaCreationTool」を使用してインストールメディアの作成をしていきます。Windows10のisoファイルがダウンロードできたり、Windows10にアップグレードできたりと多機能で便利なツールです。


それでは、みていきましょう。


Windows10のインストールメディア作成手順【USBメモリ】


外付け専用のストレージであれば何でもいいのですが、ここではUSBメモリを使用して、最新のWindows10インストールメディアの作成手順を紹介していきます。この時点でパソコンに挿入しておくと良いです。


マイクロソフトの公式サイトからツールをダウンロードします。

≫Microsoftの公式サイト


Microsoftの公式サイトが開くと、少しスクロールして「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。



「MediaCreationTool.exe」のダウンロードが完了したら、「ファイルを開く」をクリックします。



「適用される通知とライセンス条項」が表示されるので、「同意」を選択します。



「実行する操作を選んでください」の画面では、「別のPCのインストールメディアを作成(USB フラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択して「次へ」をクリックします。



「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」の画面になるので、「このPCのおすすめのオプションを使う」にある「✓」マークを外します。



言語、エディション、アーキテクチャの選択ができるようになるので、保持しているライセンスキーに合わせて選びます。「次へ」をクリックして次の画面へ。



「使用するメディアを選んでください」の画面では、「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。



このような画面になったら、インストールメディア作成したいドライブを選んで「次へ」をクリックします。



最新のWindows10をダウンロードしています(Windows10の旧バージョン選択は不可)。終了するまで待ちます。




次に「Windows10のメディアを作成しています」の画面になります。もう少し待機になります。



「USBフラッシュドライブの準備ができました」の画面が表示されると、インストールメディア作成は完了です。「完了」のボタンからウインドウを閉じて終了します。



デスクトップ画面の「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「PC」の順番にクリックします。該当するUSBメモリの名前が「ESD-USB」になっていたら成功です。



無料ソフトでインストールメディアを作る方法【古いバージョンの作成可】


「MediaCreationTool」では、最新バージョンのWindows10でインストールメディアを作成しますが、「Rufus」という無料ソフトを使うことで古いバージョンのWindows10で作ることができます。インストール不要でレジストリ変更しないため手軽に使用できます。


2つのステップに分けて紹介しています。


①古いバージョンのWindows10をダウンロードする必要があるため、下記記事からisoファイルを入手します。

≫「Rufus」でWindows10のisoをダウンロードする方法【全バージョン対象】


②入手したisoファイルでインストールメディアを作成します。下記記事を参考にしてください。

≫【無料ソフト】Rufusでインストールメディア作成の方法【Windows10】



タイトルとURLをコピーしました