Winodws10 インストールメディア作成の方法【USBドライブ】


光学ドライブが搭載されていないパソコンでは、DVDからWindows10をインストールすることは不可能です。その様な場合は、USBポートからの外部接続が可能なHDD・SSDなどでインストールメディアを作ってパソコンに導入していきます。


Microsoftから提供されているメディア作成ツールの「MediaCreationTool」を使用してインストールメディアを作ることができます。MediaCreationToolとは、Windows10のイメージディスク(isoファイル)のダウンロードや、Windows10にアップグレードする機能なども備わったWindows専用のソフトウェアです。


それでは、インストールメディアを作成してみましょう。


Windows10専用インストールメディアの作り方


軽くて実用的なUSBドライブを使用してWindows10のインストールメディアを作っていきます。あらかじめ、パソコンの本体に挿入しておいてください。


Microsoftの公式サイトにアクセスしてダウンロードすることができます。Microsoftのページが開くと、画面を下方向にスクロールして「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。



「MediaCreationTool.exe」のダウンロードが終わったら、画面の左下にある「ファイルを開く」をクリックします。



「適用される通知とライセンス条項」の画面が表示されるので、「同意する」を選択します。



「実行する操作を選んでください」の画面に変わります。「別のPCのインストールメディアを作成する(USB フラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択して、「次へ」をクリックします。



「このPCのおすすめのオプションを使う」にある「✓」マークを外します。言語、エディション、アーキテクチャの設定が可能になります。



保持しているライセンスキーに合わせて設定します。準備ができたら「次へ」をクリックします。



使用メディアを選択します。ここでは、「USBフラッシュドライブ」を選択してから「次へ」をクリックします。



インストールメディアを作成したいドライブをひとつ選んで「次へ」をクリックします。



最新バージョンのWindows10をダウンロードしているので少し待ちます。因みに、過去にリリースされたバージョンの選択は不可能です。




次に、「Windows10のメディアを作成しています」の画面になります。



「USBフラッシュドライブの準備ができました」の画面が表示されると作成は完了です。「完了」のボタンからウインドウを閉じて、操作は終了になります。



デスクトップ画面の「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「PC」の順番にクリックします。名前が「ESD-USB」になっていたら成功です。



インストールメディアの作り方【Windows10古いバージョンの選択可】


「MediaCreationTool」で説明・解説してきた方法では、最新バージョンのWindows10が導入されてしまいます。ここでは無料アプリの「Rufus」を使って、過去にリリースされたバージョンでインストールメディアを作る方法を簡単に紹介していきます。アプリのインストール操作は不要なために、お手軽に使用できます。


Rufusの導入方法と簡単な使い方」で紹介している手順通りに行って、パソコンにアプリを導入しましょう。過去にリリースされたWindows10のイメージディスク(isoファイル)をダウンロードする方法や、インストールメディアを作る方法まで紹介しているので、ぜひご覧になってください。



タイトルとURLをコピーしました