Winodws10のインストールUSBを作成する方法


マイクロソフトから提供されている「MediaCreationTool」を使って、Windows10のインストールUSBを作成する方法を紹介します。


このような場合に適している方法となっています。

  • パソコンに光学ドライブが付いていない。
  • Windows10用のDVDを持っていない。
  • 今すぐにWindows10をインストールしたい。


必要なモノは、USBドライブのみ。安全かつ簡単にインストールUSBの作成ができます。


本記事では、このような内容で紹介していきます。

  • Windows10のインストールUSBを作成
  • フリーソフトを使ってインストールUSBを作成


それでは、みていきましょう。



Windows10のインストールUSBを作成


インストールUSBを作成する手順を紹介します。この時点で、パソコンにUSBドライブを挿入しておきましょう。


マイクロソフトの公式サイトから「MediaCreationTool」をダウンロードします。

≫Microsoftの公式サイト


公式サイトを下方向にスクロールして「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。



「MediaCreationTool.exe」のダウンロードが完了したら、「ファイルを開く」をクリックします。



「適用される通知とライセンス条項」が表示されるので、ここでは「同意」を選択します。



「別のPCのインストールメディアを作成(USB フラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選んで「次へ」をクリックします。



「このPCのおすすめのオプションを使う」にある「✓」マークを外します。



言語、エディション、アーキテクチャの選択ができるようになるので、保持しているライセンスキーに合わせて選びます。



「USBフラッシュドライブ」を選択したら「次へ」をクリック。



このような画面になったら、作成したいUSBドライブを選んで「次へ」をクリックします。
※ここでは(E)ボリュームになっています。



Windows10をダウンロードしています。終了するまで少し待ちます。



「USBフラッシュドライブの準備ができました」の画面が表示されたら、インストールUSBの作成は完了です。「完了」のボタンからウインドウを閉じて終了します。



タスクバー左端にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「PC」の順番にクリック。該当しているUSBドライブが「ESD-USB」の名前になっていたら、作成は成功です。



以上で、インストールUSBの作成は終わりです。



フリーソフトを使ってインストールUSBを作成


フリーソフトを使用してインストールUSBの作成が可能です。別途アプリのインストールは不要なのでレジストリの変更はしません。


以下、2つのステップに分けて紹介します。


①OSのダウンロード


OSをダウンロードするために下記記事からisoファイルを入手します。

「Rufus」でWindows10をダウンロードする方法【安全性OK】



➁入手したisoファイルでインストールUSBの作成


入手したisoファイルでインストールUSBを作成します。下記記事を参考にしてください。

「Rufus」でインストールメディアを作成する手順



タイトルとURLをコピーしました