Windows10 タスクバーに「ツールバー」を追加する方法


Windows10でタスクバーの通知領域に、ちょっとした機能を設置することが可能である「ツールバー」について紹介します。ツールバーの機能を追加するための手順と簡単な解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。


それでは、みていきましょう。



タスクバーが便利になる「ツールバー」とは


Windows10のタスクバーに追加させることができるツールバーの機能とは、お気に入りのWebページへ瞬時にアクセスできたり、様々なフォルダへ簡単に移動できたりします。使い慣れてくると非常に便利な機能となっているので、是非ここで紹介している手順を参考にしてWindows10をカスタマイズして欲しいと思います。



タスクバーに「ツールバー」を追加してみよう【Windows10】


Windows10タスクバーの通知領域へ「アドレス」「リンク」「デスクトップ」などの便利な機能の追加手順と「新規ツールバー」から好みのフォルダを選択して追加できる手順の紹介をします。



「アドレス」


ブラウザーを起動させなくてもURL入力で目的のWebページを開けることができます。設置手順はタスクバー内の何もないところで右クリックして右クリックメユーを開けます。



メニュー画面が開いたら「ツールバー」から「アドレス」の順番にクリックします。



通知領域にアドレスボックスが表示しています。

もう一度、「アドレス」を選択したらボックスが削除されます。



アドレスボックスにURLの入力後、Microsoft Edgeブラウザーが起動してWebページが開かれます。



「リンク」


複数のリンクを設置することができます。右クリックメニューから「リンク」をクリックします。



通知領域に「リンク」の文字が表示されます。



ブラウザー画面内のリンクをタスクバーへドラッグ&ドロップします。



URLが登録されます。クリックから簡単にWebページへアクセスできるようになりました。



タスクバーにURLショートカットの設置手順を紹介しています。下記から参考にどうぞ。

≫Windows10 タスクバーにURLショートカットを表示する方法



「デスクトップ」


デスクトップ画面上に設定しているアプリやフォルダ、ファイルなどへ瞬時にアクセス移動できるようになっています。右クリックメニューから「デスクトップ」をクリックします。



通知領域に「デスクトップ」の文字が表示されます。



アプリやフォルダ、ファイルなどへの瞬時アクセスが可能になっています。



「新規ツールバー」


デスクトップ以外にも他のフォルダ内へアクセス移動できるようになっています。右クリックメニューから「新規ツールバー」を選択します。



よく利用しているフォルダを選択します。「フォルダーの選択」のボタンから決定します。ここでは、「ピクチャ」を選びました。



今回は、通知領域に「ピクチャ」の文字が表示されています。



この様に簡単アクセス移動ができるようになります。



削除方法は、右クリックメニューから「ピクチャ」をクリックするだけで完了です。



Windows10でタスクバーの使い方とカスタマイズ方法


Windows10のタスクバーが持っている多くの機能を紹介しまています。詳しく使い方も説明・解説しているので、ぜひご覧ください。

≫Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ



タイトルとURLをコピーしました