Windows10 タスクバーにURLショートカットを表示する方法


ワンクリックで目的のWebサイトを開けることができる「URLショートカット」の作成手順の紹介です。毎日、頻繁にアクセスを行うWebサイトがある場合にはオススメの方法になります。


URLショートカットは、デスクトップやスタートメニューなどにも設置可能なのですが、本記事ではWindows10のタスクバーへの表示手順を紹介していきます。


Windows10に標準搭載されているMicrosoft EdgeとGoogle Chromeの2つのブラウザーを使用した場合の手順をそれぞれ説明していきます。


それでは、みていきましょう。



タスクバーにURLショートカットを表示【Windows10】


Microsoft EdgeとGoogle Chromeの2つのブラウザーからURLショートカットをタスクバーへの設置を行うための手順になります。どちらも簡単な操作方法なので、ぜひご覧ください。


①Microsoft Edge


Microsoft Edgeのブラウザー画面からお気に入りのページを開けます。画面の右上にある「…」をクリックします。



ブラウザーメニューが開いたら、「その他のツール」から「タスクバーにピン留め」の順番にクリックします。



URLショートカットを載せることができました。



➁Google Chrome


Google Chromeのブラウザー画面からお気に入りのページを開けます。画面の右上にある「…」をクリックします。



ブラウザーメニューが開いたら、「その他のツール」から「ショートカットを作成」の順番にクリックします。



Windows10のデスクトップ画面にURLショートカットが表示されます。



アイコンを右クリックして「タスクバーにピン留め」を選択したら、URLショートカットを載せることができます。



URLショートカットをタスクバーのリンクへの設置方法


Windows10タスクバーのリンクへURLショートカットを設置したい場合の紹介になります。ちょっとした設定を変更することが可能になっているので、こちらもぜひ試してみてはいかがでしょうか。


タスクバーの何もないところで右クリックします。メニューが開くので、「ツールバー」から「リンク」の順番に進みます。



タスクバーの右端にリンクバーが表示されます。



Webブラウザー画面のアドレスを左クリックの長押しからリンクバーの中へ移動させます。



URLショートカットが載せることができます。



リンクバー内で右クリックしてメニューを開けます。アイコンの大きさ、ボタン名やタイトルの表示を変更できるので、好みで行ってください。



タスクバーにURLショートカットを作成するメリットとは?


会社や組織・団体グループ、家族など複数のユーザーが同じパソコンを利用して複数アカウントを使用する場合にはオススメしています。それぞれのアカウントごとのURLショートカットを作成することによって、パスワード入力を行う必要がなくスムーズにアクセスすることが可能になっているため、ぜひ利用して欲しい機能のひとつです。


下記のページも参考にしてみてください。

≫Windows10 タスクバーのアイコンを中央に寄せる方法【CenterTaskbar】

≫Windows10 タスクバーに必要なアイコンを表示させる方法



Windows10のタスクバーの機能紹介


Windows10でタスクバーの機能やカスタマイズ方法などの紹介をしています。URLショートカット手順を合わせて、是非こちらもご覧ください。

≫Windows10 タスクバーの使い方とカスタマイズ



タイトルとURLをコピーしました