Windows10 ディスクのクリーンアップを自動で実行させる方法【ストレージセンサー】


HDDやSSDから不要なデータやファイルを削除する方法は、Windows10に標準搭載されているディスクのクリーンアップを用います。ダウンロードフォルダーやごみ箱に溜まったデータを一掃できる便利な機能です。Windows10パソコンのパフォーマンス低下を防ぐためだったり、HDDやSSDの読み込み速度が速くなる利点もあります。


通常、ディスクのクリーンアップは手動で行うのですが、本記事では自動で実行させる方法を紹介します。


クリーンアップの自動化は、「Windows10 バージョン1709」以降に実装された「ストレージセンサー」という機能から変更できます。初期設定ではオフになっているので、オンに変更するだけの簡単な操作です。曜日指定などの細かいスケジュール設定も可能になります。


それでは、みていきましょう。



ディスクのクリーンアップを自動化させる手順


Windows10のタスクバー左端にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークの上に移動して「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら、「システム」を選択します。



左側のメニュー画面から「記憶域」を選んだら、右側から「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックします。



下記のような画面が開くので、ストレージセンサーのパネルをオンに変更します。



以上で、Windows10からクリーンアップを自動化させる設定は完了になります。


ディスクのクリーンアップを手動で行う方法は、Windows10 ディスクのクリーンアップの実行方法【HDD・SSDの不要データ削除】から紹介しています。自分の都合に合わせて、実行が可能になります。



ストレージセンサーの各種設定


ストレージセンサーを利用するうえで、スケジュールやファイルの自動消去についての各種設定を紹介します。


①自動でクリーンアップを開始させる間隔【スケジュール】


「毎日」「毎週」「毎月」「ディスクの空き領域の不足時」から自分のスタイルに合った項目を選ぶことができます。自動で開始するための間隔が指定できます。


②一時ファイルの自動削除について


初期設定では、ボックス内に「✓」マークが付いています。不必要な一時ファイルは自動で消去してくれる意味になります。通常、「✓」マークを付けておきましょう。


➂ごみ箱から自動削除について


「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」の項目からは、「許可しない」「1日」「14日間」「30日」「60日」から自動で消去される期間の指定が可能になります。


④ダウンロードファイルの自動削除について


「開かれないまま次の期間が過ぎた[ダウンロード]フォルダー内のファイルを削除する」の項目からは、自動で消去される期間の指定ができます。


➄今すぐに実行したい場合


「今すぐ空き領域を増やす」にある「今すぐクリーンアップ」のボタンを押します。上記で設定した条件でクリーンアップを行います。



このような表示になったら、クリーンアップは完了です。



今すぐ実行したい場合は、Windows10 ディスクのクリーンアップの実行方法【HDD・SSDの不要データ削除】から紹介している手順がおすすめになります。Windows10のシステムファイルの削除も可能なので、ぜひ覚えたい内容です。



Windows10 自動クリーンアップ後はデフラグが効果あり


ディスクのクリーンアップを行った後は、デフラグの実行がおすすめです。Windows10のパフォーマンス改善に一番効果があるためになります。デフラグを行う手順は下記記事を参考にしてください。


≫Windows10 HDDのデフラグを行う方法【HDDの最適化・高速化】



タイトルとURLをコピーしました