Windows10 ディスクのクリーンアップを自動で実行【ストレージセンサー】


Windows10でHDDやSSDから不要データやファイルなどを削除するためにディスクのクリーンアップとうい方法があります。ゴミ箱や一時ファイルなどに溜まったデータの消去ができるためによく活用されているWindows10の標準機能のソフトになります。ローカルディスクのプロパティからディスクのクリーンアップを手動で実行して使うことが普通の使用方法なのですが、自動で実行させることができるので紹介します。


「Windows10 バージョン1709」以降から登場した「ストレージセンサー」という機能でクリーンアップの自動化ができるようになっています。通常はオフになっているのでオンに変更したら、自動で実行されるようになります。普段から、Windows10パソコンのパフォーマンス低下を防ぐためだったり、常にHDDやSSDの容量確保ができる利点があります。さらに、日にち指定などの細かい設定も可能になります。


それでは、みていきましょう。



ディスクのクリーンアップを自動で行う方法


Windows10デスクトップの左下側にある「スタート」ボタンからスタートメニューを開けます。



スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを「歯車」マークの上にのせて「設定」をクリックします。



「Windowsの設定」が開いたら、「システム」を選択します。



画面の左側にあるメニューから「記憶域」を選んでから、右側にある「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックします。



このような画面が開くので、一番上にあるストレージセンサーをオフからオンに変更します。これで、Windows10からストレージセンサーを実行するための設定は完了になります。以下では、細かい設定を紹介していきます。


自動クリーンアップが実行されるための条件


「毎日」「毎週」「毎月」「ディスクの空き領域の不足時」から自分のスタイルに合った項目を選ぶことができます。


一時ファイルの削除


デフォルト状態で、ボックスに✓マークが付いています。不必要な一時ファイルを自動で消去してくれます。特別な理由がない場合は、✓マークを外さなくてもOKです。


ごみ箱からの削除されるための条件


「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」の項目から、「許可しない」「1日」「14日間」「30日」「60日」の期間を選んで自動で消去されるようにします。


ダウンロードファイルが削除されるための条件


「開かれないまま次の期間が過ぎた[ダウンロード]フォルダー内のファイルを削除する」の項目からは、自動で消去される期間の指定ができます。


今すぐにクリーンアップしたい場合


「今すぐ空き領域を増やす」にある「今すぐクリーンアップ」のボタンを押します。上記で設定した条件でクリーンアップを行うことができます。



このような表示になったら、クリーンアップの終了になります。


Windows10のディスクのクリーンアップ機能


本記事ではクリーンアップを自動(ストレージセンサー)で行うための手順を説明してきましたが、手動で行うための方法を「Windows10 ディスクのクリーンアップを行う方法」で紹介しています。ぜひ参考にしてください。



タイトルとURLをコピーしました