Windows10のisoファイルをダウンロードする方法


インストールDVDやUSBの作成には、Windows10などのOSが入っているisoファイルが必要になります。光学ドライブ非搭載のパソコンでは、自分でUSBメディアの作成が必須になるためisoファイルの入手は大切です。


本記事ではマイクロソフトの公式サイトから、Windows10のisoをダウンロードする手順を紹介します(ダウンロードには10GB以上の領域の確保推奨)。


それでは、みていきましょう。


Windows10のisoファイルのダウンロード手順


マイクロソフトの公式サイトからWindows10のisoがダウンロードできます。

≫Microsoftの公式サイト


公式サイトが開いたら画面を少し下方向にスクロールします。「ツールを今すぐダウンロード」ボタンから「MediaCreationTool.exe」をダウンロードします。



ダウンロード完了後に画面の左下にある「ファイルを開く」のクリックで、「MediaCreationTool.exe」が起動します。

デスクトップ画面の「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」→「ダウンロード」の順番に進んだら「MediaCreationTool.exe」があります。右クリックして「管理者として実行」からでも同じように起動します。



「適用される通知とライセンス条項」が表示されるので「同意」を選択します。



「実行する操作を選んでください」の画面では、「別のPCのインストールメディアを作成」を選んで「次へ」をクリックします。



「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」の画面になります。Windows10の言語、アーキテクチャ、エディションの選択ができるために、「このPCにおすすめのオプションを使う」から「✓」マークを外します。



Windows10の言語、アーキテクチャ、エディションを選んで「次へ」をクリックします。



ここの画面では、「ISOファイル」を選択して「次へ」をクリックします。



イメージディスク(iso)の保存場所を決めて「保存」をクリックします。



「ISOファイルをDVDにコピーしてください」の画面が表示したら、isoのダウンロード完了になります。「完了」のボタンを押して操作手順は終了です。



ここまではマイクロソフトの公式サイトから、最新バージョンのWindows10をダウンロードする方法を紹介してきました。


過去にリリースされた全バージョンのWindows10もダウンロードできます。詳しくは下記記事から説明していますので、ご覧になってください。

≫「Rufus」でWindows10のisoをダウンロードする方法【全バージョン対象】



Windows10のisoからメディアの作り方【次のステップ】


「Rufus」という無料ソフトを使用して、isoからUSBメディアの作成手順をみていきましょう。下記記事とセットで読んで頂くと、理解が深まるようになっています。

≫【無料ソフト】Rufusでインストールメディア作成の方法【Windows10】



タイトルとURLをコピーしました