Windows10 タスクバーに必要なアイコンを表示させる方法


Windows10タスクバーの右端にあるアイコンは、ネットワークへの接続状況や音量の大きさ、ノートパソコンのバッテリー残量などの確認ができるようになっています。



Windows10に常駐しているアプリは、通常では隠れているため確認したいときは手間です。



本記事では、これらのアイコンを通知領域への表示を行うための方法を紹介しています。アイコンの整理やカスタマイズしたいときは、ぜひ活用してみてください。

「通知領域」とは、タスクバーの右端にある日付や時間、アクションセンターが表示されているところ。


それでは、みていきましょう。



タスクバーに隠れているアイコンの表し方【Windows10】


タスクバーの何もないところで右クリックします。メニューが出てきたら「設定」を選択します。



少し下方向にスクロールして「表示するアイコンを選択します」をクリックします。



隠れているアイコンを通知領域に表すためには、該当するアプリをオンに変更します。常に隠しておきたい場合はオフにしたらOKです。
ここでは、「エクスプローラー」「Windows Security」をオンにしてみます。変更後は「x」から画面を閉じて操作は終了になります。



タスクバーの右端に「エクスプローラー」「Windows Security」のアイコンが追加されています。



タスクバーからシステムアイコンを消す方法【Windows10】


設定画面を開けたら、少し下方向にスクロールして「システムアイコンのオン/オフの切り替え」をクリックします。



下記のような画面が開きます。システムアイコンを通知領域から削除させるためには、該当するシステムをオフに変更します。常に表していたい場合はオンに設定します。
ここでは「時計」「音量」の2つをオフにしてみます。変更後は「x」から画面を閉じて操作は終了です。



タスクバーの右端から「時計・日付」と「音量」のアイコンが消えています。



タスクバーから「People」アイコンの表し方と消し方


設定画面を開けたら、「People」のカテゴリーにある「連絡先を表示する」をオフに変更します。



通知領域から「People」アイコンが消えてしまいました。オンに設定している場合は、常に見えている状態になります。



以上で、操作は終了になります。以下は参考までにご覧ください。

≫Windows10 タスクバーのボタンを結合しない
≫Windows10 タスクバーにある検索ボックスを削除する方法
≫Windows10 タスクバーの大きさを変える方法



Windows10のタスクバーの詳しい使い方について


Windows10のタスクバーの使い方について詳しくまとめて紹介しています。下記から是非ご覧ください。



タイトルとURLをコピーしました